東芝トップページ  
お問い合わせ
 

ユニバーサル デザインアワード 東芝のデザイン

受賞年度ナビゲーション



制度の概要



「ユニバーサルデザイン賞」は、2007年にドイツ・ハノーバー市を本拠地とするユニバーサルデザイン協会及びその事業運営企業であるユニバーサルデザイン有限会社によって運営が開始されました。

住居施設、消費者向け電子製品/通信/IT、レジャー/ライフスタイル関連、モビリティ、労働関連、公共エリア、コミュニケーション/パッケージ、サービス/サービスデザイン、介護関連のカテゴリーで構成されています。
ミュンヘン工科大学のフリッツ・フレンクラー教授を審査委員長とする専門家の審査団により選ばれる「ユニバーサルデザイン賞」と、一般消費者100名により選ばれる「ユニバーサルデザインコンシューマフェイバリット賞」があります。

可能な限り多くの人々が公平に使用できること・柔軟に使えること・容易に直感的に使えること・誤使用への許容範囲があり安全であること・異文化でも使えること・市場性・革新性・サステイナビリティ・エコロジーに配慮されていること等に優れた製品に授与されます。


「東芝のデザイン」のトップへ このページのトップへ