東芝トップページ お問い合わせ
Toshiba Digital Doors
ビデオデッキ
戻る ビデオデッキ一覧へ
A-F40G1
生産終了製品
主な仕様
巻戻し不要ですぐに検索できる、録画中の番組をいつでも最初から再生できる。
ハードディスクとVHSが一体になった新発想VTRです。
A-F40G1 リモコン
A-F40G1
オープン価格
JANコード:4904550503355

*オープン価格の商品は、本体希望小売価格を定めておりません。
ハードディスクで録る&見る
大容量
【40GBハードディスク(HDD)】内蔵

A-F40G1には本体に40GBハードディスク(HDD)を内蔵。映像と音声をデジタル信号に変換しハードディスクに記録するので、従来のハイファイビデオと異なりテープを使わず録画が楽しめます。録画モードは最長約40時間の録画*ができるEPモードを始め、3種類を採用。用途に応じて使い分けが可能です。また、ハードディスクの残量を確認することもできます。
*EPモード録画の場合。
録画モード 転送レート 最長録画時間
HQモード 約6Mbps 約13時間
SPモード 約4Mbps 約20時間
EPモード 約2Mbps 約40時間

タイトル画面を見ながらカンタンに頭出しできる
【カンタン頭出し】

カンタン頭出し録画した番組を元に、自動的にタイトル画面(静止画の小画面)を製作。一覧表示されたタイトル画面から見たい番組を選択・決定するだけで、すばやく頭出しが可能です。またタイトルは合計100番組まで登録可能。さらにタイトルバックなど任意のシーンで登録することもでき、たいへん便利です。

録画中の番組もすぐに最初から楽しめる
【追っかけ再生】

録画を続けながら、録画中の番組を最初から見ることができる便利機能。再生しながらスロー・早送り再生・一時停止などの操作もできるので、特に長時間番組の録画に便利です。
追っかけ再生

見たい番組をすぐに楽しめる
【録画同時再生】

ハードディスクに録画しながら、すでに録画されている別の番組の再生が可能。1台2役で使えるから、待ち時間不要で効率的に楽しめます。
* 録画同時再生はHDD録画/HDD再生、HDD録画/VTR再生、VTR録画/HDD再生の組み合わせで使用できます。
* HDD録画同時再生は、予約録画動作中は使用できません。
* タイムスリップ中は別の録画番組を見ることはできません。
ビデオテープで録る&見る
保存したい番組はテープにダビング
【一発ダビングボタン】

ハードディスクに録画した番組を、ボタン一つでVHSテープにダビングできる便利機能です。
*マニュアル操作により、ビデオからハードディスクへのダビングも行えます。*コピーガードが記録されている放送は、録画・ダビングができない場合があります。

【ハイファイVHSビデオ機能】もしっかり
120分テープなら1分を切るスピードで巻戻す400倍速高速巻戻しや、3倍モードの再生がキレイな19マイクロパワーヘッドの採用により、ハイファイVHSビデオとしても充実の性能を実現。過去に録ったビデオライブラリーやレンタルビデオも、快適にお楽しみいただけます。



不意な来客でも大事な場面を見逃さない
[タイムスリップボタン]
頭出し不要ですぐ録画スタート、重ね録りのミスもなし
[カンタン録画]
NHKの時報にあわせて毎日自動で時刻修正
[ジャストクロック]
番組のGコードを入力するだけでタイマー予約が完了
 [Gコード予約]
CS/BSデジタル放送も、かんたんにハードディスクにタイマー予約OK
[CS/BSデジタル簡単予約]


機能一覧
機能名をクリックすると説明ウィンドウを開きます
S-VHS
簡易再生
機能
AV
デジタル
トラッキング
ハイファイ Gコード
予約
CM
スキップ
サーチ
ジャスト
クロック
CATV
チューナー
CS/BSデジタル
簡単予約
(HDD)
▲このページのトップへ
主な仕様









HDD容量 40GB
録画方式 MPEG2(可変ビットレート)
操作性 録画同時再生、タイムスリップ、
プログラム再生、リピートタイトル、
リピートA-B
編集機能 全体タイトル消去、タイトル分割、
タイトル統合、カット、
タイトルプロテクト、タイトルコピー、
タイトル画変更、簡単ダビング
V
H
S


ヘッド ダブルアジマス4ヘッド、
3倍モード専用19μmパワーヘッド
その他
VHS仕様
スーパーVHS簡易再生機能、
AVデジタルトラッキング、
400倍速高速巻戻し



操作性 ワイヤレスリモコン、30秒CMスキップ、
ジャストクロック、Gコード予約、
予約プログラム数:1ヶ月16番組
端子 入力:AV×2(1つは前面端子)
出力:AV×1
消費電力(W) 35/電源[切]時4.1
質量(kg) 4.8
*あなたがビデオで個人的に録画したものは、個人として楽しむなどのほかには著作権法上、権利者に無断で使用できません。*テレビ放送を録画するときは、そのテレビ放送の水平解像度以内でしか再生できません。*CATV放送の視聴・録画には、CATV会社への加入手続きの上、CATVターミナルの接続が必要となりますので、詳しくはご購入前にCATV関係各社にお問合せ下さい。*Gコードシステムは、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しております。*スーパーVHS簡易再生機能(SQPB)は、スーパーVHS方式で録画されたテープを再生することはできますが、スーパーVHS本来の解像度は得られません。


!安全に関するご注意
正しく安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ず「取扱説明書」と「安全上のご注意」をよくお読みください。
水、湿気、湯気、ホコリ、油煙等の多い場所には設置しないで下さい。火災、感電、故障の原因になる事があります。
電気容量やコンセント形状は製品に合ったものをご使用ください。
東芝ビデオには、電気用品取締法に基づく製造番号を表示しています。お買い上げの際には製造番号と保証書の番号が一致しているかご確認ください。またお買い求めの販売店で、所定事項を記入した保証書を必ずお受け取り下さい。

長年ご使用のビデオの点検をぜひ!
ご使用の際、このようなことはありませんか
(熱、湿気、ホコリなどの影響や、使用の度合いにより部品が劣化し、
故障したり、時には安全性を損なって事故につながることもあります。)
●再生ボタンを押しても、映像や音が出ない
●電源コード、プラグが異常に熱くなる
●焦げるような異常な臭いがする
●内部に水や異物が入った。
●その他の異常や故障がある
▼
ご使用
中止
このような場合、事故防止のため、スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いて、必ず販売店に点検・修理をご相談ください。ご自分での修理は、危険ですので絶対になさらないでください。
●ビデオの補修用性能部品の最低保有期間は製造打ち切り後8年です。●このページに記載してあるビデオは国内家庭用です。外国では放送方式、電源電圧が異なりますので使用できません。These video cassette recorder sets designed for use in Japan only and can not be used in any other country.●このページに記載してある仕様、デザイン等は、改良のため予告なく変更することがあります。●商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

■このページの内容は平成13年10月現在のものです。
▲このページのトップへ
<<Toshiba Digital Doorsのトップへ


東芝トップページ個人情報保護方針 Copyright(C)1995-2005 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Rederved.