東芝トップページ お問い合わせ
Toshiba Digital Doors
ビデオデッキ
戻る ビデオデッキ一覧へ
A-HD2000
生産終了製品
「D-VHSビデオデッキ A-HD2000」をご愛用のお客様へ
<お知らせ>
主な仕様
BSデジタルハイビジョン放送をそのまま記録。
あれこれできる、楽しくできる、デジタル時代のビデオデッキ誕生。

A-HD2000S ヴァージンシルバー
A-HD2000S
ヴァージンシルバー
オープン価格
JANコード:4904550477304


数量限定モデル
A-HD2000R
A-HD2000R
ヴィンテージレッド
JANコード:4904550476932


*オープン価格の商品は、
本体希望小売価格を定めておりません。
BSデジタルハイビジョン放送を存分に楽しむために
最大で約24Mbpsものデータ量を持つBSデジタルハイビジョン放送ですが、現在の家庭用映像機器で、この情報量をすべて記録できるのはD-VHSだけ*1です。しかもD-VHSならソースに応じた録画モードの選択が可能。ハイビジョン放送の圧倒的な高精細画質映像を余すことなく記録*2するHSモードから、最大約24時間*3もの長時間記録が可能なLS3モードまで、多彩なデジタル記録が楽しめます。
最大約28.2Mbpsもの転送レートを誇り、ハイビジョン放送をそのまま記録*2できるHSモード
BSデジタルスタンダード放送や地上波放送の記録に最適なSTDモード
スーパーVHSビデオと同等の美しさで、最大約24時間*3の記録ができるLS3モード
*1 2001年2月現在 *2 BSデジタルハイビジョン放送をHSモードで記録するには、BSデジタルチューナーまたはBSデジタルチューナー内蔵テレビとi.LINK接続する必要があります。 *3 480分テープ使用時
大切なビデオ資産をデジタル映像で保存しなおす
スーパーVHS/VHSテープなどに録った大切なビデオライブラリーも、HD2000ならデジタル映像で保存し直せます。最長で約24時間*もの長時間記録ができるLS3モードを使用すれば、今まで録画した膨大な量のスーパーVHS/VHSテープも大幅な整理が可能です。
より安定したアナログ信号を生み出す フレームシンクロナイザー
アナログ信号を高輝度なデジタル信号に変換するMPEG2エンコーダー
*480分テープ使用時
デジタルビデオカメラの映像を美しいままダビング
デジタルビデオカメラの映像を美しいままダビング
デジタルビデオカメラ(DVC)の映像は、同じデジタル記録とはいえ、D-VHSとは圧縮方式が異なるためそのままダビングが行えません。そこで、HD2000はDVデコーダーの内蔵によりDVCとのi.LINK接続を実現。デジタルのままダビングできるので、ご家族の思い出の映像なども、美しいまま残すことができます。
●デジタルビデオカメラの信号をそのままMPEG2圧縮信号に変換するDVデコーダー
*DVCの機種によっては、iLINK通信できない場合もあります。
昔録ったビデオもそのまま美しく再生
HD2000はスーパーVHSやVHSなど、既存のフォーマットとも互換性をもっています。そのため過去に録ったビデオテープや、レンタルソフトをそのまま楽しむことも可能です。しかも地上波放送などの録画の際には3次元YCS回路がより高精度なY/C分離を行い、アナログテープの再生時は、3次元DNR回路がノイズを高精度に低減します。すなわち、アナログビデオデッキとしても高い資質を備えているのです。
●地上波/従来のBS放送の受信と録画がキレイな3次元YCS回路
●昔録ったビデオがキレイな3次元DNR回路
ホームシアターのメインになる映像機器として
D-VHSを始め、DVDやハードディスクレコーダーなど、デジタル記録機器は数々あります。もちろんそれぞれに特徴を備えているのですが、BSデジタルハイビジョン放送への対応状況や、既存のソフト資源との互換性を考えるとD-VHSが本命といえます。さらに、D-VHSはBSデジタル放送のAAC5.1chサラウンド*に対応していますので、迫力あふれるリアルな音質を楽しむことができ、ホームシアターにも最適です。
●シアターに迫るリアルな臨場感を生み出すAAC5.1chサラウンド放送に対応。
*AAC5.1chサラウンドの記録にはi.LINK接続が、再生には光デジタル音声出力または,i,LINKによる接続が必要です。 *AAC5.1chサラウンドをお楽しみいただくには、AAC5.1chデコード機能を有するAVセンターおよび、スピーカーシステムが別途必要です。

番組とセットで送られる、さまざまな情報も記録する データ放送録画(ビットストリーム記録時)
*ダウンコンバート時やLS3モードでは記録できません。
映像の揺れをデジタル補正し、見やすい画質を再現する デジタルTBC
AAC5.1chサラウンド信号を出力できる 光デジタル音声出力端子
見たい番組をカンタンに頭出し&再生する 見るナビ
操作ボタンをロック チャイルドロック
■地上波放送のタイマー予約がカンタンにできる
[Gコード予約]
■タイマー録画時、テープ残量不足による尻切れを防ぐ
[ジャストレコーディング]
■CMをカットして録画、ボタンを押した回数に応じて早送り再生する
[CMオートカット&CMスキップサーチ]

■時報放送に合わせ毎日自動で時刻修正を実行する
[ジャストクロック]*
■エリアコードの入力で自動的にチャンネルを設定
[オートチャンネル設定]
■自動的にヘッドをクリーニング

[オートヘッドクリーナー]
* 時報放送がある場合に限ります。

機能一覧
機能名をクリックすると説明ウィンドウを開きます
3次元
YCS
3次元
DNR
デジタル
記録
HS/STD/LS3
モード
ビットレート
コンバーター
スーパー
VHS
S-VHS
ET
MPEG2
エンコーダ
&デコーダー
DV
デコーダー
フレーム
シンクロナイザー
デジタルゴースト
・リダクション
・チューナー
オートテープ
サポート*
AAC5.1ch
サラウンド対応
ハイファイ Gコード
予約
大型液晶
リモコン
CMカット&
CMスキップ
ジャスト
クロック
ジャスト
レコーディング
オート
チャンネル設定
オートヘッド
クリーナー
頭出し D4
出力端子
i.LINK
端子
*S-VHS ET使用時にはS-VHS ETサポートとして作動します。
▲このページのトップへ
主な仕様
  D-VHS部 S-VHS部
録画方式 D-VHS規格 S-VHS規格
録画モード HS/STD/LS3*1 SP(標準)/EP(3倍)
MPEG2エンコーダー&デコーダー ENC:525i/DEC:525i・525p・750p・1125i -
ヘッド ダブルアジマス1(2ヘッド)

シングルアジマス3
ダブルアジマス2(4ヘッド)
音声記録 MPEG1-Layer2(AAC5.1ch1ch記録可能*2) VHSハイファイ
使用テープ D-VHS S-VHS/VHS
録画時間 HS約4時間・STD約8時間・LS3約24時間
(DF-480使用の場合) 
SP約2時間/EP約6時間
(T-120使用の場合)
スロー再生 - 標準±1/6、3倍±1/18
ピクチャーサーチ HS×6、STD×12、LS3×36 SP×11、EP×31
予約方法 EPG・液晶転送 Gコード・液晶転送
リピート再生(50回) HS/STDモードのみ
バックアップ 60分 60分
  共通仕様
オートパワーオン
巻戻し時間 約80秒(T120/DF240使用時)
BSチューナー(アナログ)内蔵
Wデコーダ端子
予約プログラム数 24番組/年

i.LINK入出力端子 前面1・背面1(IEEE1394準拠・データ転送スピードS200)
入力 S端子:前面1・背面2、AV端子:前面1・背面2
出力 S端子:背面2、AV端子:背面2、
コンポーネント映像出力端子:背面1(D4・D3・D2・D1)、
光デジタル音声出力端子:背面1
消費電力(W)(BSアンテナ電源入時) 55(62)
待機時消費電力/時刻表示消灯時(W) 13/4
外形寸法(mm) 幅463×高さ105×奥行385
質量(s) 6.7
電源 AC100V 50/60Hz共通
ACアウトレット 背面1(常時給電タイプ)
*表中の●は該当機能の搭載を、-は該当機能の非搭載を表します。
*1 LS3モードではデータ放送の記録はできません。*2i.LINK接続時


●接続上のご注意
BSデジタル放送をデジタル録画するためには、BSデジタルチューナーまたはBSデジタルチューナー内蔵テレビとi.LINK接続する必要があります。接続するBSデジタルチューナーやBSデジタルチューナー内蔵テレビによっては、録画・再生およびEPG番組予約できない場合があります。そのため東芝製BSデジタルチューナー内蔵テレビと接続することをおすすめいたします。
●HSモード記録・再生上のご注意
著作権保護のため、BSデジタルチューナーと接続し、コピー制限されているデジタルハイビジョン放送を録画した場合、ハイビジョン高画質(1125i/750p)で再生できない場合があります。この場合、通常画質525i)でご覧いただけます。
*あなたがビデオで個人的に録画したものは、個人として楽しむなどのほかには著作権法上、権利者に無断で使用できません。*テレビ放送を録画するときは、そのテレビ放送の水平解像度以内でしか再生できません。*Gコードシステムは、ジェムスター社のライセンスに基づいて生産しております。


!安全に関するご注意
正しく安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ず「取扱説明書」と「安全上のご注意」をよくお読みください。
水、湿気、湯気、ホコリ、油煙等の多い場所には設置しないで下さい。火災、感電、故障の原因になる事があります。
電気容量やコンセント形状は製品に合ったものをご使用ください。
東芝ビデオには、電気用品取締法に基づく製造番号を表示しています。お買い上げの際には製造番号と保証書の番号が一致しているかご確認ください。またお買い求めの販売店で、所定事項を記入した保証書を必ずお受け取り下さい。

愛情点検 長年ご使用のビデオの点検をぜひ!
(熱、湿気、ホコリなどの影響や、使用の度合いにより部品が劣化し、
故障したり、時には安全性を損なって事故につながることもあります。)
ご使用の際、
このようなことは
ありませんか
●再生ボタンを押しても、映像や音が出ない
●電源コード、プラグが異常に熱くなる
●焦げるような異常な臭いがする
●内部に水や異物が入った。
●その他の異常や故障がある
ご使用
中止
このような場合、事故防止のため、スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いて、必ず販売店に点検・修理をご相談ください。ご自分での修理は、危険ですので絶対になさらないでください。
●ビデオの補修用性能部品の最低保有期間は製造打ち切り後8年です。●このページに記載してあるビデオは国内家庭用です。外国では放送方式、電源電圧が異なりますので使用できません。These video cassette recorder sets designed for use in Japan only and can not be used in any other country.●このページに記載してある仕様、デザイン等は、改良のため予告なく変更することがあります。●商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

■このページの内容は平成13年7月現在のものです。
▲このページのトップへ
<<Toshiba Digital Doorsのトップへ


東芝トップページ個人情報保護方針 Copyright(C)1995-2005 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Rederved.