東芝トップページ お問い合わせ
Toshiba Digital Doors
デジタルメモリーレコーダ
戻る デジタルメモリーレコーダ一覧へ
VOICE BAR DMR-3500S
DMR-1800S
生産終了製品
主な仕様
大事な情報は音と写真でメモ、とった内容はパソコンへ。
さらにいい音になった、新しいボイスバーです。
DMR-3500S
DMR-3500S
最長録音時間:約35時間20分
ステレオイヤホーン付属
オープン価格

JANコード:4904550503362

DMR-1800S
最長録音時間:約17時間40分
ステレオイヤホーン付属
オープン価格

JANコード:4904550503379
音声でメモを録る。
軽量コンパクトなデザインはそのままに、録音時間や音質、フォルダ数など、基本機能を大幅にパワーアップ。新しいボイスバーは、ビジネスマンの要求に応えるハイスペック仕様です。


長時間録音
最長約35時間20分*の長時間録音を達成。
DMR-3500Sは大容量128MBメモリーの搭載により、最長35時間以上の録音時間を達成。会議や出張時も残り時間を気にせずたっぷり録る事ができます。*DMR-3500SにてSPモード使用時
■最長録音時間
  DMR‐3500S DMR‐1800S
SPモード 約35時間20分 約17時間40分
XHQモード 約5時間40分 約2時間50分
途中で電池交換が必要な場合があります。


電池持続時間約30時間で、バッテリー切れの不安も解消。
徹底した省電力設計により、消費電力の大幅な低減を実現。SPモードならアルカリ乾電池2本で、約30時間の録音を達成し、長時間録音に対応しています。
*東芝単4形アルカリ乾電池×2本使用時


3フォルダ×199件の録音件数で録った内容をしっかり整理。
3つのフォルダ採用録音した内容を保存するフォルダは、A・B・Cの3つを採用。録音件数は1フォルダにつき余裕の199件。「会議」「商談」「プライベート」など、用途によって多彩な使い分けが可能です。
*オープン価格の商品は、本体希望小売価格を定めておりません。

スタイリッシュデザイン
胸ポケットにすっきり収まる
コンパクトなBAR型デザイン。

コンパクトなBAR型デザイン高さ117×幅32×薄さ12.5mm、重さはわずか56g(東芝単4形アルカリ乾電池×2本含む)のスリムで軽量なデザインを実現。いつでも気軽に持ち歩けます。
分かりやすいアイコン表示と
スイッチ配列で、簡単操作を実現。

電池残量や録音時間などが一目でわかる、アイコン表示の液晶画面を採用。また基本操作ボタンは、使いやすいフロント面に集約しました。
高音質録音
XHQ(エクストラHQ)モードの採用で、
AMラジオ放送並みの音質を実現。

サンプリング周波数のアップと周波数帯特性の改善により、大幅な高音質化を実現しています。

さらに聞きやすい音質で録音する、
マイク感度切換スイッチを搭載。

マイク感度切換スイッチ搭載複数人の声を同時に録りたい会議録音時と、周囲の音をカットして自分の声だけを録りたい口述時。状況に合わせて、最適なマイク感度を選択できます。
セラミックスピーカー磁気メディアへの影響がない、
23mmセラミックスピーカー採用。

大型セラミックスピーカーの採用で、さらに再生音質が向上。磁石を使わないので、PC用磁気媒体やカード類と一緒に収納しても安心です。

ステレオイヤホーン周囲を気にせずモニターできて、録音ミスも軽減するステレオイヤホーン付属。
録音状態をイヤホーンでモニターできるので、録音ミスの軽減が可能です。
*ボイスバーで録音した音声はモノラルです。
他にも多数の機能を搭載
設定した時間に自動的に録音スタートし、うっかり録音忘れを防止する「タイマー録音
録音した内容の確認に便利な、「早聞き・遅聞き再生機能
音を感知した時だけ自動で録音開始するから、会議などを効率的に録れる「ボイススタート録音機能
*本機能は音が小さいと録音を一時停止します。大切な録音をする時には[切]でお使いください。
重要な箇所にインデックスを打ち込み、すばやくアクセスできる「インデックス機能
大切な用件の誤消去を防ぐ「重要マーク機能
聞きたい箇所だけを繰り返し再生する「リピート再生
携帯時や使用中の誤操作を防止する「ホールドスイッチ
録音した日時を記録できる「タイムスタンプ機能
2件のスケジュール管理ができる「アラーム機能

OPTIONAL ITEMS
(クリックすると詳しい内容を表示します)
ボイスバーに装着して写真メモが撮れる、10万画素デジタルカメラ 録音した音声や、撮影した写真メモを、パソコンで活用。
DMR-C1 DMR-C1
C1 SHOT ON BAR
オープン価格
DMR-KITS DMR-KITS
PCアプリケーションキット
オープン価格
▲このページのトップへ
主な仕様
型名 DMR-3500S DMR-1800S
メモリータイプ 不揮発性ICメモリー(フラッシュメモリー)
最長録音時間 SPモード 約35時間20分 約17時間40分
XHQモード 約5時間40分 約2時間50分
最大フォルダ数/ファイル件数 3フォルダ×199ファイル
PCリンク USB接続
アラーム機能(スケジュール管理) ○(2件)
録音レベル調整 自動調整
スピーカー 23mm内蔵(大型セラミックスピ-カー)
外部マイク入力 3.5mm(ミニジャック・モノラル)
内蔵マイク モノラル(無指向性)
イヤホーン出力 2.5mm(ミニミニジャック)
電池持続時間
(東芝単4形アルカリ乾電池
×2本使用時)
録音時:XHQモード約24時間、SPモード約30時間
再生時*:XHQモード約19時間、SPモード約24時間
*音量レベル10程度で再生した場合
外形寸法 高さ117×幅32×薄さ12.5mm(突起部除く)
質量 約56g(単4乾電池×2含む)
*Windows(R)は米国Microsoft社の登録商標です。
*その他記載の会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。


!安全に関するご注意
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使い下さい
水、湿気、湯気、ほこり、油煙等の多い場所で使用しないでください。発熱、発火、液漏、故障などの原因になることがあります。
●外観・仕様は、改良のため変更することがありますがご了承ください。
●商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

■このページの内容は平成14年2月現在のものです。
▲このページのトップへ
<<Toshiba Digital Doorsのトップへ


東芝トップページ個人情報保護方針 Copyright(C)1995-2005 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Rederved.