東芝トップページ お問い合わせ
Toshiba Digital Doors
デジタルメモリーレコーダ
戻る デジタルメモリーレコーダ一覧へ
VOICE BAR
DMR-850A
生産終了製品
主な仕様
1日のビジネスをまるごと録れる、約8時間50分*録音仕様。
シンプルでリーズナブル、手頃なボイスバーです。
DMR-850A
DMR-850A
オープン価格*
JANコード:4904550517154

*オープン価格の商品は、希望
小売価格を定めておりません。

ビジネスやプライベートで、アイデア次第で用途はいろいろ。
長い会議や商談も
ぜんぶ録音
長い会議や商談もぜんぶ録音
街中での情報収集や
取材等にも便利です。
街中での情報収集や取材等にも便利です。
ひらめいたアイデアや
フレーズをすぐに録音。
ひらめいたアイデアやフレーズをすぐに録音。
英単語や年号など
暗記物の勉強にも
役立ちます。
英単語や年号など暗記物の勉強にも役立ちます。
大事な話は音でメモ。長い会議も余裕で録れる、ベーシックなデジタルメモリーレコーダーです。
■録る
1日のビジネスをまるごと録れる8時間50分録音
本体内蔵のフラッシュメモリーに、最長連続8時間50分*の録音を実現。 もちろん電源OFF時や電池交換時にも、録音内容はしっかり保存されます。また、録音件数は、たっぷり録れる199件。重要なポイントを素早く検索できる、録音時インデックス機能を採用しています。
*SP(標準)モード使用時。
選べる2つの録音モードを搭載高音質&標準録音モード
よりクリアな音質で録音できるHQ(高音質)モードと、より長時間の録音ができるSP(標準)モードを採用。また、会議録音時と口述録音時など、状況に応じてマイク感度を選べる、マイク感度切換スイッチも搭載しました。用途や録音環境に応じて、最適なマイク感度で録音できます。
さらに、外部マイクを接続できる、外部マイク入力端子も装備しています。
・外部マイクは別売です。
最長録音時間 録音時電池寿命
HQ(高音質)モード 約4時間25分 約33時間
SP(標準)モード 約8時間50分
(東芝単4形アルカリ乾電池×2本使用時)
頭切れなしで自動録音ボイススタート録音機能
音を感知したときだけ自動で録音を開始する、ボイススタート録音機能を採用。無録音部分がなくなるため、会議などを効率良く録ることができます。
*本機能は音が小さいと録音が停止します。大切な録音をする場合は「切」でお使い下さい。

■聞く
大事な内容を素早くチェック重要マーク機能
重要な録音内容を誤消去から保護する、重要マーク機能を採用しました。また、マーキングした録音内容だけをサーチし、大事な内容をすばやく検索できる、重要ファイルサーチ機能を搭載しています。

どこでも聞けるヤホーン&ミニスピーカー
周囲を気にせずモニターできる、イヤホーンを付属しました。
もちろん本体に内蔵されたミニスピーカーで聞くことも可能です。

■使う
携帯に便利な小型設計コンパクトデザイン
胸ポケットにもすっきり収まる、スタイリッシュで軽量&スリムなBAR型デザインを採用。また、わかりやすい日本語表示のメッキボタンを使用しています。

情報が一目で分かるアイコン表示
アイコン表示電池残量や録音時間、録音件数等が一目で分かる、アイコン表示による液晶パネルを採用。時計表示機能を搭載していますので、現時刻の確認も行えます。

■誤動作を防ぐホールドスイッチ搭載。
■日付が記録できるタイムスタンプ機能。
■2つのスケジュール管理が行えるアラーム機能。
■スイッチ操作を確実に確認できるブザー機能。
▲このページのトップへ
主な仕様
本体寸法(mm) 高さ117×幅31×厚さ12.5(突起部除く)
質量(g) 本体約33、使用時約55(単4乾電池×2含む)
電池寿命 録音時:(HQ)約33時間・(SP)約33時間、
再生時:約30時間(東芝単4形アルカリ乾電池×2本使用時)
録音方式 デジタル録音方式、録音番号管理
最長録音時間 8時間50分
記録媒体 不揮発性ICメモリー(フラッシュメモリー)
録音レベル調整 自動調整
端子 入力:マイク端子3.5mmミニジャック、内蔵マイク(無指向性)
出力:イヤホーン端子3.5mm、ミニジャック、ミニスピーカー内蔵
表示方法 液晶表示
付属品 イヤホーン、単4アルカリ乾電池2本、取扱説明書


!安全に関するご注意
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使い下さい
水、湿気、湯気、ほこり、油煙等の多い場所で使用しないでください。発熱、発火、液漏、故障などの原因になることがあります。
●外観・仕様は、改良のため変更することがありますがご了承ください。●商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

■このページの内容は平成14年8月現在のものです。
▲このページのトップへ
<<Toshiba Digital Doorsのトップへ


東芝トップページ個人情報保護方針 Copyright(C)1995-2005 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Rederved.