東芝トップページ お問い合わせ
Toshiba Digital Doors
デジタルメモリーレコーダ
戻る デジタルメモリーレコーダ一覧へ
VOICE BAR
DMR-P1
主な仕様
業界最薄*1、6.4mmのカード型ボディで、最長約4時間25分録音*2
アイデア次第で自由に使える、スタイリッシュなボイスバーです。
*1:ICレコーダー市場において。2003年8月現在。*2:LPモード時
DMR-P1
DMR-P1
オープン価格
JANコード:4904550540190

カード型だからさりげなく使える、目立たず録れる。
パソコンとセットで使えばさらに便利な、新しいスタイルのボイスバーです。
音声録音
用途で選べる、2つの録音モードを採用。
モード 最長録音時間
SPモード 約2時間12分
LPモード 約4時間25分
より聞きやすい音質を実現するSPモードと、長時間録音が可能なLPモードの2つの録音モードを採用。目的や録音内容に応じて使い分けが可能です。
2フォルダー×99件の録音件数で、録った内容をしっかり整理。
録音した内容を保存するフォルダは、A・Bの2つを採用。録音件数は1フォルダにつき99件。「ビジネス」「プライベート」など、用途によって使い分けが可能です。

2つのフォルダ採用
2つのフォルダ採用
大切な用件の誤消去を防ぐ、重要マーク機能。
重要な音声メモにマーキングする事で誤消去を防ぐ便利機能。マーキングした録音内容だけを頭出しする事もできるので、ファイルの検索がスピーディに行えます。
*オープン価格の商品は、本体希望小売価格を定めておりません。
スタイリッシュデザイン 録ったメモはパソコンへ
手帳に挟んで使える、
カード型デザイン。
手帳に挟んで使える、カード型デザイン。DMR-P1は業界最薄*3となる、6.4mmのカード型デザインを採用。手帳に挟むなどしてさりげなく録音ができ、内ポケットに収納しても邪魔にならないデザインです。また、匡体パネルには、スタイリッシュなヘアライン仕上げのアルミを採用。本体重量はわずか45gの軽量設計で、いつでも気軽に持ち歩けます。
*3 ICレコーダー市場において。2003年8月現在。

分かりやすいアイコン表示と
誤操作の少ないスイッチ配列で、
快適操作を実現。
電池残量や録音時間などが一目でわかる、アイコン表示の液晶画面を採用。また各種操作ボタンは誤操作を防ぐため、本体側面に配置しました。


OPTIONAL ITEMS
ACアダプター
DMR-AC1
オープン価格
ACアダプター
DMR-P1に家庭用コンセントから電源を供給。充電池の残量を気にせず使えるうえ、パソコンいらずで充電もできるACアダプターです。
*オープン価格の商品は本体希望小売価格を定めておりません。
録った音声メモをパソコンで保存。
録った音声メモをパソコンで保存。録音した音声メモを付属のUSBケーブルでパソコンに転送。音声のライブラリーとして、パソコン上で保存が可能です。また、一度パソコン上に保存した音声ファイルを、DMR-P1に転送する事も可能。任意の音声メモの持ち出しができるので、古い記録を聞きたい時や、以前学習した内容を復習したい時などに便利です。

録った音声メモをパソコンで活用。
転送した音声メモは、パソコン上で再生ができます。また、wav形式で保存できるので、添付ファイルとしてメールで送信する事も可能です。
※パソコンに転送/保存した.wavファイルをパソコン上で再生するには、Windows® Media Player™7.0(またはそれ以降のバージョン)等のプレーヤーが必要です。

電源はパソコンまたは
乾電池から充電。
DMR-P1の電源は、パソコンから付属のUSBケーブルを介して内蔵の充電池に充電する新設計。そのため乾電池不要でリーズナブル、SPモードならフル充電で約8時間の電池寿命(録音時)を達成しています。また、万一の電池切れ時には単4形乾電池で充電/使用できる、「乾電池ケース」も付属しています。
※パソコンで充電を行うには、本システムが作動するパソコンに、専用ソフト「PC-Link for Memory Recorder」のインストールが必要です。
※電池持続時間は付属の充電池による初期性能値です。内蔵電池は約500回充電できます(使用環境により異なります)。

<パソコン動作環境>
●適応パソコン:IBM PC/ATおよびその互換機(NEC PC98シリーズとその互換機では動作保証しません。また、Macintoshでは使用できません)●CPU:Pentium®233MHz以上または、同等の性能を有するプロセッサ(Pentium®II 300MHz以上推奨)●RAM容量:64MB(128MB以上推奨)●ハードディスクの空き容量:5MB以上(音声データファイルを除く)●ドライブ:CD-ROMドライブ●接続ポート:USBポート(すべてのパソコンのUSBポートでの動作を保証するものではありません)●ディスプレイ:800×600ドット以上の解像度●音源:16bit以上のサウンドカード●対応OS:Microsoft®Windows®98/98SE/ME/2000Professional/XP HomeEdition/XPProfessionalの標準インストール(日本語版・英語版)
--------------------------● 他にも多数の便利機能を搭載 ●-------------------------
状況にあわせたマイク感度を設定できる、「マイク感度切換機能」
音を感知した時だけ自動で録音開始するから、会議などを効率的に録れる「ボイススタート録音」機能。
※本機能は音が小さいと録音を一時停止します。大切な録音をする時は〔切〕でお使いください。
録音した内容の確認に便利な、「早聞き・遅聞き再生」機能。
聞きたい箇所だけを繰り返し再生する「リピート再生」機能。
重要な箇所にインデックスを打ち込み、素早くアクセスできる「インデックス機能」
録音した日時を記録できる「タイムスタンプ機能」
携帯時や使用中の誤操作を防止する「ホールドスイッチ」
周囲を気にせずいつでも聞ける、「モノラルイヤホーン」付属。
■本カタログ掲載の商品の名称は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。●IBM及びPC/ATは米国International Business Machines Corporationの登録商標です。●Maccintoshは米国その他の国で登録された、米国アップルコンピューター社の登録商標です。●Pentiumは米国Intrl Corporationの登録商標です。●Microsoft及びWindowsは米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標です。●Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

▲このページのトップへ
主な仕様
メモリータイプ 不揮発性ICメモリー(フラッシュメモリー)
録音レベル調整 自動調整
最長録音時間 SPモード 約2時間12分
LPモード 約4時間25分
最大フォルダ数/ファイル件数 2フォルダ/99ファイル
電池寿命 録音時 約8時間
再生時 約6時間
内蔵マイク モノラル(無指向性)
端子 入力 マイク端子3.5mmミニジャック・モノラル
出力 イヤホーン端子3.5mmミニジャック
PCリンク USB接続
表示方法 液晶表示
付属品 片耳用イヤホーン、乾電池ケース、CD-ROM、
専用USBケーブル、キャリングポーチ、ストラップ
外形寸法(mm)(突起部除く) 高さ91×幅53×奥行6.4(突起部除く)
質量(g) 約45(内蔵充電池含む)
*:満充電で常温(約25℃)時。再生電池寿命は音量レベル10程度の場合。


!安全に関するご注意
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使い下さい
水、湿気、湯気、ほこり、油煙等の多い場所で使用しないでください。発熱、発火、液漏、故障などの原因になることがあります。
●外観・仕様は、改良のため変更することがありますがご了承ください。●商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

■このページの内容は平成15年9月現在のものです。
▲このページのトップへ
<<Toshiba Digital Doorsのトップへ


東芝トップページ個人情報保護方針 Copyright(C)1995-2005 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Rederved.