東芝トップページ お問い合わせ
Toshiba Digital Doors
デジタルメモリーレコーダ
戻る デジタルメモリーレコーダ一覧へ
VOICE BAR
IC-SD1
生産終了製品
主な仕様
好評ボイスバーと高品位オーディオプレーヤーがセットになった
ビジネスにもプライベートにも使える、新発想デジタルメモリーレコーダ。

・2003/11/17 IC-SD1をWindows(R) 2000 Proffesionalにてご使用のお客様へ
デジタルメモリーレコーダーIC-SD1に同梱している「Audio Manager V2.1b」をWindows(R) 2000 Professional SP3 もしくは SP4へインストールするか、SP1か SP2の環境へ「Audio Manager V2.1b」をインストールされた後にSP3(もしくはそれ以降)へ更新された後に、PCとレコーダ(IC-SD1)を専用USBケーブルで接続しますと、突然リセットがかかり、その後STOPエラーでフリーズ状態になるといった現象が確認されています。
大変ご迷惑をおかけしますが、この問題の対応方法について詳しくはこちらをご覧ください。

・2002/2/1 IC-SD1のWindows(R)XP対応サービスのご案内
デジタルメモリーレコーダ IC-SD1のWindows(R) XP対応サービスを開始いたしました。詳しくはこちらのページを御覧ください。

・2001/11/29 デジタルメモリーレコーダ IC-SD1をお買い求め頂きましたお客様へ
デジタルメモリーレコーダ IC-SD1におきまして、音声の記録/消去を行なううちに、稀に記録した音声の再生ができない場合が生じることが判明いたしました。大変ご迷惑をおかけしますが、対応についてこちらをご覧下さい。なお、上記のWindows(R)XP対応サービスを実施なさった場合には、本件も修正済みとなりますので、あらためて修正の必要はございません。



IC-SD1
IC-SD1
最長録音時間: [32MB]
8時間10分
[64MB]
16時間50分
オープン価格
JANコード:4904550478691



会話も音楽も
カードに録音!
32MB SDメモリーカード
32MB
SDメモリーカード付属

メモ録時:
最長約8時間10分録音(SPモード)
AAC/MP3時:
最長約60分録音(転送レート64kbps)
切手サイズの小型カード SDメモリーカードに録音

SD1は音声や音楽をSDメモリーカードに録音。同梱の32MB・SDメモリーカードなら最長8時間10分*1、別売の64MBカードなら最長16時間50分もの長時間録音を実現します。(SPモード使用時)。また録音した内容は、最大20個のフォルダ*2に振り分けでき、それぞれ199件ずつの保存が可能。もちろん電源OFF時や電池交換時にも、録音内容が消去されることはありません。また、重要なポイントを素早く検索できる、インデックス機能を採用。インデックスの打ち込みは、録音/再生時ともに可能です。
*1 連続録音時間はSPモードで約5時間30分となります。(東芝アルカリ乾電池LR03使用時) *2 フォルダをつくるには、別途パソコンが必要です。

選べる2つの録音モードを搭載 高音質&標準録音モード

クリアな音質で録音できるSHQ(高音質)モードと、より長時間の録音ができるSP(標準)モードを搭載。また、用途に応じてマイク感度の切換えができる、マイク感度切換えスイッチや、携帯電話のノイズに強い回路設計、外部マイク入力端子*などを採用。より良い音質での録音を実現しています。* 外部マイクは別売です。
最長録音時間 32MB・SDカード(同梱) 64MB・SD・カード(別売)
SPモード 約8時間10分 約16時間50分
SHQモード 約1時間30分 約3時間

音を感知した時だけ自動で録音する、ボイススタート録音機能
*本機能は音が小さいと録音が停止します。大切な録音をする時は[切]でお使いください。
より確実な録音を実現する録音モニター機能

情報が一目でわかる マルチカラーバックライト

マルチカラーバックライト液晶パネルを7色で美しく彩る、マルチカラーバックライトLCDを採用。表示色はお好みに応じて、機能ごとに振り分けが可能です。また、電池残量や録音時間、録音件数が一目でわかるアイコン表示も搭載。海外出張時などに便利な2都市の時刻を同時に表示する世界時計も新たに搭載しています。

磁気カードに影響を与えない セラミックスピーカー

磁気による影響が発生しないので、各種カード類や定期券、フロッピーディスクなどと一緒に収納しても安心なセラミックスピーカーを採用。スピーカーの径を大型化することで音質改善*1も実現しています。また、周囲を気にせずモニターできる、ステレオヘッドホーン*2も付属しています。 セラミックスピーカー
重要な録音内容にマーキングすることで誤消去を防ぐ重要マーク機能
素早い検索を実現する、重要ファイルサーチ機能
再生時に便利な早聞き&遅聞き再生
誤作動を防ぐホールドスイッチ搭載
日付が記録できるタイムスタンプ機能
2つのスケジュール管理ができるアラーム機能
スイッチ操作が確実に確認できるブザー機能
SDメモリーカード使用タイプで業界最小*3ボディを実現 
*1 当社従来機DMR-1800Vとの比較 *2 メモ緑再生時はモノラル音声となります。*3 2001年3月現在

パソコンとの連携を実現 オーディオマネージャー&ボイスマネージャー

SD1にはパソコンとの連携を実現する2つのソフト、オーディオマネージャーボイスマネージャー、そして手軽にパソコンに接続できる専用USBケーブルを同梱しています。オーディオマネージャーは市販の音楽CD等のデータをパソコン*1に取り込み、AACファイルに変換*2。お気に入りの曲を手軽にSD1に転送し、ヘッドホーンステレオとしてお楽しみいただけます。
また、ボイスマネージャーは録音した音声をパソコン*1に取り込み、整理・保存等が可能。録った内容にコメントやインデックスを挿入したり、任意の部分のリピート再生などができる他、.wavファイルに変換してEメールでの活用もできます。
オーディオマネージャー
オーディオマネージャー
ボイスマネージャー
ボイスマネージャー
専用USBケーブル
専用USBケーブル
<その他、多数のパソコン関連機能を搭載>
パソコン側のファイルをボイスバーのメモリーに保存できるデータストレージ。
音声認識ソフトLaLaVoice2001*3(別売)との組合せで、録音した音声の自動入力を実現。

*1:推奨システム●動作環境:Windows(R)98/98SE/Me/2000環境のIBM PC/AT及び互換機 ●対応言語:日本語/英語 ●CPU:Pentium(R)MMX 233MHz以上のプロセッサ ●RAM容量:32MB以上 ●ハードディスク空き容量:30MB以上(オーディオデータファイルを除く) ●16bit以上のサウンドカード保有 ●USBポート保有 ●CD-ROMドライブ保有 *2:本機でMP3ファイルを再生することはできますが、オーディオマネージャーを使用してMP3ファイルを制作することはできません。*3:●東芝日本語音声認識/合成ソフトLaLaVoice2001(PASWLA01:東芝デジタルメディアネットワーク社扱い)本体希望小売価格16,000円(税別) *使用環境、一般的でない用語、発声のしかたなどによって、テキスト変換できない場合があります。
*オープン価格の商品は、本体希望小売価格を定めておりません。
▲このページのトップへ
主な仕様
本体寸法 高さ98.5×幅41.5×厚さ13mm(突起部除く)
質量 本体約35g、使用時約57g(単4乾電池×2含む)
電池寿命
(アルカリ電池使用時)
録音時:SHQ約6時間、SP約5時間30分
再生時*1:SHQ約7時間、SP約9時間、(ヘッドホーン再生時)
録音方式 デジタル録音方式、録音番号管理/SDオーディオフォーマット*2
記録媒体 SDメモリーカード
最長録音時間 32MB:SHQ約1時間30分、SP約8時間10分、
    オーディオ時約60分(転送レート64kbps)
64MB:SHQ約3時間、SP約16時間50分、
    オーディオ時約130分(転送レート64kbps)
録音レベル調整 自動調整
端子 入力:マイク端子3.5mmミニジャック、内蔵マイク
出力:ヘッドホーン端子3.5mmミニジャック、セラミックスピーカー内蔵
インターフェース USBインターフェース*3、SDメモリーカードスロット
オーディオ対応圧縮方式 AAC/MP3
表示方法 液晶表示
付属品 専用ソフトウェア(オーディオマネージャー/ボイスマネージャー)、
専用USBケーブル、ヘッドホーン、単4アルカリ電池2本、取扱説明書
*1 音量調節10で計測 *2 SDメモリーカードのオーディオ標準フォーマット。著作権保護のためデータを暗号化して記録する。SDアソシエーション(2000年2月設立)にて標準フォーマットとして制定。AAC、MP3、Windows(R) MediaTM Audio(WMA)の圧縮方式をサポートしています。 *3 USBインターフェースは出荷されるすべてのパソコンでの動作を保証するものではありません。
*Microsoft(R)、Windows(R)98、Windows MediaTMは米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。 * Intel、PentiumはIntel Corporationの登録商標または商標です。 *その他記載の会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。


!安全に関するご注意
ご使用の前に取扱説明書をよくお読みの上、正しくお使い下さい
自動車を運転中、自転車に乗っている時などヘッドホーンは絶対にご使用にならないで下さい。交通事故の原因となります。
水、湿気、湯気、ほこり、油煙等の多い場所で使用しないでください。発熱、発火、液漏、故障などの原因になることがあります。
電池は正しく使いましょう。「+」と「-」は正しく入れてください。
*商品の価格には、消費税、配送費、使用済み商品の引き取り費等は含まれておりません。
●外観・仕様は、改良のため変更することがありますがご了承ください。
●商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。

■このページの内容は平成13年5月現在のものです。
▲このページのトップへ
<<Toshiba Digital Doorsのトップへ


東芝トップページ個人情報保護方針 Copyright(C)1995-2005 TOSHIBA CORPORATION, All Rights Rederved.