Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Green Management > 展示会 > 2013年度 > エコプロダクツ2013 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

展示会トップに戻る

  • エコプロダクツ2013開催案内
  • カタログダウンロード・ホームページ

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2013

東芝グループは、12月12日から14日まで東京ビッグサイトで開催される日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」に出展します。「みんなの想いがつくる未来」をテーマに、環境性能No.1製品や、環境への配慮と快適な生活の両立を図る「スマートコミュニティ関連技術」等の幅広いソリューションを、開発に携わる開発者の「想い」とともにご紹介いたします。

「「人」に焦点を当てた、開放感あふれるレイアウト」のイメージ
「人」に焦点を当てた、開放感あふれるレイアウト

主な出展内容

ストレージ、照明、家電、事務機、医用機器、昇降機、空調・熱源システム、エネルギーマネジメントシステム、発電機器、分析技術などのソリューションを、東芝の新しい環境経営コンセプト「T-COMPASS」(*)に沿って、製品・技術ににかかわる開発者の写真やコメントとともにご紹介いたします。エネルギー・気候変動への対応をはじめ、資源・水資源の有効活用、化学物質リスクの最小化など環境課題の解決に貢献する取り組みをぜひご覧ください。

東芝グループの環境“羅針盤”として、対応すべき環境課題を“東西南北(East-West-South-North)”に見立て、エネルギー・気候変動への対応(E: Energy)、水資源利用の最小化(W: Water)、化学物質リスクの最小化(S: Substance)、資源消費量の最小化(N: Natural Resource)、という主要4領域における環境課題とその貢献度を具体的に示します。

1.テーマ:「Natural Resources(資源)」

省資源設計のPCやテレビ、ペーパーリユースシステムなどのデジタルプロダクツをはじめ、ストレージ製品などのデバイス、X線CT診断装置などのヘルスケア分野まで、資源消費量の削減に貢献する製品を広く紹介します。

2. テーマ:「Energy(エネルギー)」

BEMSやHEMS、スマート家電など、スマートコミュニティの中核となるアイテムのほか、住宅用太陽光発電システム、純水素型家庭用燃料電池、LED照明、エスカレーター・エレベーター、産業用熱源機、CO2分離回収・活用技術など、エネルギー・気候変動への対応に貢献する製品・技術を紹介します。

3.テーマ:「Water(水)」

節水性能の優れたドラム式洗濯乾燥機をはじめ、薬品を用いずに排水浄化や資源回収を行なう技術、水を有効に利用する小水力発電など、水資源の有効活用に向けた取り組みの一例を紹介します。

4.テーマ:「Substance(化学物質)」

化学物質の分析技術や東芝グループにおける製品の環境規制への取り組みを紹介します。

このページのトップへ

体感型・参加型展示について

「クリスマスツリー」のイメージ

住宅用太陽光発電システムのコーナーでは、発電自転車によりクリスマスツリーに明かりを灯す体験を行うことができます。挑戦者には素敵なプレゼントを差し上げます。(プレゼントが無くなり次第終了)
ぜひチャレンジしてみてください。

このページのトップへ

その他の展開

「再生可能ボーイズGPから1〜2組が登場します」のイメージ
再生可能ボーイズGPから1〜2組が登場します

当社ブースは、資源エネルギー庁主催/NPO法人ビーグッドカフェ運営により実施される、よしもと芸人と一緒に再生可能エネルギーを学ぶ「GREEN POWER お笑いスタディツアー」や再生可能エネルギーを楽しく子どもたちに学んでもらう「グリーンパワー・クイズラリー」に参画します。

また、来場者アンケート回収コーナーでは、テレビやPC、ブルーレイレコーダー、LED電球や東芝オリジナルUSBメモリー(8GB)等があたる抽選会を行います。

「その他の展開」のイメージ
*写真はイメージです。実際とは異なる場合がございます。

このページのトップへ

会場へのご案内

「会場へのご案内」のイメージ

関連情報

このページのトップへ