Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Management > 展示会 > 2016年度 > 「第25回東芝グループ環境展」実施報告 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

「第25回東芝グループ環境展」実施報告

展示会トップに戻る

6月9日〜10日、川崎市スマートコミュニティセンターで開催しました『第25回東芝グループ環境展』におきましては、多くのお客さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。おかげさまを持ちまして、盛況のうちに終了することができました。みなさまに御礼申し上げます。

6月9日と10日の2日間、「第25回東芝グループ環境展」を川崎市のスマートコミュニティセンターで開催し、2日間で4,066人のお客様にご来場いただきました。今回は、当社成長戦略の重要な柱である「エネルギー」「社会インフラ」「ストレージ」各領域における環境調和型製品やサービス、また環境負荷低減に向けたモノづくりの事例など45点を紹介しました。
また、環境展開催25回目の節目にあたることから東芝の環境経営や環境展の歴史を振り返る特設パネルを設置するとともに、来場者の皆さまより東芝へのメッセージをいただくコーナーもご用意いたしました。来場者からは「苦しい時こそ力を合せて新たなPower Upを期待しています(社外のお客さま)」「環境対応を考えた東芝製品を通じて、信頼回復に向けて全社・全員でがんばりましょう(従業員)」など多数のメッセージをいただきました。

展示会場の様子

展示会場の様子

展示会場の様子

主な展示内容

1. 全体方針/施策ゾーン

展示会全体の導入として、「環境ビジョン2050」の紹介と、第5次環境アクションプランの実績、T-COMPASSの施策などを紹介しました。また、大日本印刷グループと連携している生物多様性保全活動を紹介するコーナーでは、工場内で保護しているホトケドジョウなどの生き物も展示しました。

2. エネルギーゾーン

低炭素社会の実現に資する発電システムとして、世界最高レベルの効率を誇るとともに燃焼により発生するCO2を100%回収するゼロエミッション火力発電システムや、世界シェアNo.1の地熱発電システムを紹介しました。また、再生可能エネルギーと水で水素を作り出し、これを利用して電気と温水を供給する自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」も来場者の注目を集めました。

3. 社会インフラゾーン

車載・公共・産業・電力系統・ビル・施設・鉄道システムなど幅広い分野での適用により社会全体の省エネ・省資源に貢献するSCiB™を活用した蓄電ソリューションのほか、永久磁石同期電動機(PMSM)システムや自動列車運転装置など鉄道車両のさまざまな機器等を小型化・効率化することで消費エネルギーを多視点から総合的に削減する取り組みを紹介しました。また、回生電力の利用やLED照明の採用などにより消費電力を最大約50%削減したマシーンルームレスエレベーター「SPACEL-GRⅡ」シリーズや、店舗・オフィス用のエアコンにおいて冷媒の配管の直径を1mm細くするとともに1ファン化することで筐体の高さを500mm低減してコンパクト化した事例を展示しました。

4. ストレージゾーン

大容量ストレージに貢献する三次元フラッシュメモリ「BiCS FLASH™」およびその量産を行う(四日市)における省エネ活動を紹介しました。BiCS FLASH™の増産に伴い動力エネルギーの最適化が重要となる中、エネルギー効率の見える化・データ分析などについてご説明しました。また、鉄道や電力システムなどに使用されるパワー半導体についても展示しました。

5. 環境マネジメント〜基盤活動〜ゾーン

グローバル全従業員の環境意識向上と一体感の醸成を目的に世界各地で行っている環境コミュニケーション活動について展示しました。植林や希少な生物の保護活動などの取り組み事例のほか、環境人材の充実化を目指した環境教育・人材育成の活動も紹介しました。

このページのトップへ

展示会場の様子
自立型水素エネルギー供給システムH2One™

展示会場の様子
省エネ鉄道システム

展示会場の様子
48層BiCS FLASH™

展示会場の様子
地熱発電システム

展示会場の様子
パワー半導体

展示会場の様子
ホトケドジョウ、ヤゴなどを展示

展示会場の様子
環境活動のあゆみを紹介

展示会場の様子
来場者からのメッセージを掲示

展示会場の様子
プレス向けに説明する環境推進室長実平喜好

このページのトップへ

関連情報

このページのトップへ