Japan

環境活動

人と、地球の、明日のために。

第三者保証

レポート・ホームページに戻る

東芝グループでは、本レポートで報告する環境パフォーマンスデータの信頼性向上を目的として、東芝グループ温室効果ガス排出量について、PwCサステナビリティ合同会社に第三者保証を依頼しています。詳細は以下のとおりです。

対象範囲

  • 事業プロセスによる温室効果ガス排出量:
    東芝および国内・海外グループ会社における温室効果ガス排出量(スコープ1および2※1)。
    選定した2ヵ所の拠点(東芝 府中事業所、加賀東芝エレクトロニクス)への訪問を実施
  • 販売した製品の使用に伴う温室効果ガス排出量:
    東芝および国内・海外グループ会社が販売した製品の使用にともなう温室効果ガス排出量(スコープ3カテゴリ11※2
※1
スコープ1および2:燃料や電力などの使用にともなう自社の温室効果ガス排出量(スコープ1は直接排出、スコープ2は間接排出)
※2
スコープ3カテゴリ11:報告年度に製造・販売した製品・サービス等の使用に伴う排出量

「PwCサステナビリティ合同会社による第三者保証報告書」のイメージ

PwCサステナビリティ合同会社による第三者保証報告書(PDF:1.08MB)

結果

東芝グループの方針及び基準を規準として、ISAE3000※3及び3410※4に準拠し、重要な点において収集、報告されていないと認められる事項はないと報告されました。

※3
ISAE3000:国際保証業務基準3000号「過去財務情報の監査又はレビュー以外の保証業務」
※4
ISAE3410:国際保証業務基準3410号「温室効果ガス報告に対する保証業務」

算定方法

  • 燃料使用にともなうCO2排出量:環境省「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル(Ver 4.1)」を基に算定
  • 電力購入にともなうCO2排出係数:日本国内の電力係数は、2016年度5.31t-CO2/万kWhを使用。海外電力は、GHGプロトコルのデータを利用
  • CO2以外の温室効果ガス:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次評価報告書による地球温暖化係数を使用して算定
  • 販売した製品の使用にともなうCO2排出量:製品が使用段階で将来的に排出すると想定される排出量を、その製品が販売された年に集計して算定

このページのトップへ