• はじめに
  • [ファクターT]読本
  • [ファクターT]事例紹介

はじめに/[ファクターT]は、本当の豊かさを実現するための指標です。

豊かになりたいけど環境への影響は出来るだけ少なくしたい。相反するような要求を同時に実現することは出来ないか。そんな思いを追求して10年が過ぎました。豊かさと環境負荷を同時に考える環境効率そしてファクターを東芝グループの全製品に展開し、消費者の皆さんとの対話を続けてきました。環境効率は割り算、ファクターはさらに割り算ということでわかりにくいという率直な意見も頂戴しました。まだまだ満足のいく指標には育っていませんが、そんな[ファクターT]との10年間を[ファクターT]読本としてまとめてみました。

私どもの願いは、消費者のニーズに応えるとともに地球環境に配慮した「環境効率」の高い製品を提供し続けることです。私たちの家で、街で、あるいは社会の見えないところで、たくさんの東芝製品が、生活を豊かにし、環境への負荷低減に貢献しています。
[ファクターT]を通して、これからの社会や地球の未来を、一緒に考えてみませんか。

株式会社 東芝 環境推進部長 実平 喜好

[ファクターT]10年間のあゆみ

[ファクターT]の取り組みは2003年にスタートし、環境ビジョン2050の公表、環境アクションプランの策定、同業他社との標準化に向けた協議、ISO国際標準化への貢献など、社内外を巻き込んで大きな注目を集めてきました。また現在では、東芝グループのほぼすべての製品群のファクターを算定するに至りました。東芝グループはこれからも[ファクターT]の取り組みを継続し、新たな知見を取り込みながら、持続可能な社会実現に向けて進化させていきます。新しい[ファクターT]にご期待ください。

このページのトップへ