Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > 高効率モノづくり 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

「高効率モノづくり戦略」モノづくりでグローバルNo.1の低環境負荷を追求します。

グローバルNo.1の低環境負荷を追求

東芝グループでは、国内外の生産工程において投入資源を最小限に抑え、製造段階のムダを排除し、大気・水域への排出を最小限に抑制するグローバルNo.1の低環境負荷を追求する高効率モノづくり「Green of Process」を推進しています。具体的には、エネルギー使用状況を適切に把握し効果的な設備運用改善や高効率設備導入を図る「工場インフラの効率化」と、モノづくりに関わるあらゆる部門と協働してサステナブルなモノづくりをめざす「プロセス革新」の2つの取り組みを進めています。

■ 高効率モノづくり戦略
「高効率モノづくり戦略」のイメージ

Green of Process」は「地球温暖化の防止」「資源の有効活用」「化学物質の管理」の3つの視点で進めています。地球温暖化については、2011年3月に発生した東日本大震災により、国内の電力CO2排出係数が大幅に悪化し、電力起因のCO2排出量が大半を占める東芝グループにとって大きな影響を与えています。東芝グループでは、積極的な省エネ施策を全社的に進めており、エネルギー使用量をリアルタイムで把握し(見える化)、データ分析を行い(わかる化)、改善アクション(できる化)につなげていきます。特に2013年度はグループ全体の温室効果ガス排出量の約半分を占める半導体工場を中心に取り組むことで、6万トンのCO2排出量を削減する計画です。資源有効活用については、廃棄物の総発生量や最終処分量の削減に今後も工夫しながら継続的に取り組んでいくとともに、貴重な水資源の有効活用にも努めていきます。化学物質の管理については、使用物質の代替化やプロセス改善などにより、削減対象物質の取扱量および排出量の削減を推し進めていきます。今後、事業の競争力強化に資する高効率モノづくりを実現し、グローバルNo.1の低環境負荷を追求していきます。

このページのトップへ

事業プロセスの環境効率を2015年度に2000年度の1.5倍に

東芝グループは、事業活動における環境負荷の影響を総合的に評価する事業プロセスの「環境効率」を高効率モノづくりの重要な指標と位置づけて環境負荷低減に取り組んでいます。

2012年度の成果

2012年度は、昨年度に比べ売上高は減少したものの、省エネ活動による温室効果ガス排出量の削減努力などにより、実績は1.39倍(対2000年度比)と昨年度に比べ向上し、目標の1.35倍を上回りました。

今後の取り組み

第5次環境アクションプランでは、2015年度に2000年度に比べ1.5倍にすることを目標とし、これを達成するため、9つの具体的な目標に従って、環境負荷低減に取り組んでいきます。

「事業プロセスの環境効率」のイメージ

LIME:さまざまな環境影響の統合化手法として(独)産業技術総合研究所LCA研究センターが開発した日本版被害算定型影響評価手法

「事業活動による環境影響」のイメージ

このページのトップへ