Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Green of Process > 化学物質の管理:オゾン層破壊物質の管理 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

オゾン層破壊物質の管理

オゾン層破壊物質の特定フロンは、工場に設置しているエアコンなどの冷媒として保有しており、その廃棄は法律にのっとって適切に処理を行っています。2014年度は特定フロンを11.0トンを保有していましたが、設備更新などにより2015年度は特定フロン10.3トンとなり、前年度比約7%削減しています。

フロン排出抑制法に定められたフロン類算定漏えい量報告・公表制度に基づき、(株)東芝として2015年度は漏えい量約2,100トンCO2を報告しました。今後も日常・定期点検、環境監査などを通じて管理のさらなる強化を図っていきます。

このページのトップへ