Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Management > 活動のあゆみ 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

活動のあゆみ

年度 施策・活動・トピックス 推進組織
2017 第6次環境アクションプラン策定  
2016 第25回東芝グループ環境展を開催  
2015 当社の環境経営に関する書籍「エコ・リーディングカンパニー東芝の挑戦」を発行
大日本印刷グループと全国6地域12事業所で生物多様性保全活動の連携を開始
 
2014 3R診断を導入
東芝環境塾を発足
 
2013 環境経営コンセプト「T-COMPASS」を導入
「東芝グループ環境一斉アクション」スタート
日経環境経営度調査で2年連続製造業総合1位を獲得
環境推進室に改称
2012 第5次環境アクションプラン策定
環境レポート2012が環境コミュニケーション大賞で受賞
日経環境経営度調査で製造業総合1位を獲得
 
2011 環境グランドデザイン策定
第20回地球環境大賞「日本経団連会長賞」受賞
 
2010 経営方針説明会で新環境経営コンセプトを公表
環境レポート2010が環境コミュニケーション大賞などで受賞
 
2009 生物多様性ガイドラインを制定
環境レポート2009が環境コミュニケーション大賞など受賞
環境経営推進機構に経営企画部、ロジスティクス企画室、広告部を加え8部門に
2008 環境レポート2008発行
エクセレントECPの新基準を設定しマークを新設
温室効果ガス排出のピークアウトを宣言
海外担当を加えて4グループ制に
2007 環境ビジョン2050策定 部内を企画、ECP(エコプロダクツ)、事業プロセスの3グループ制に
2006 従来の東芝環境監査体系を統合して、環境経営監査の運用を開始 アジア・オセアニア環境部発足
2005 ファクターT冊子発行
東芝本社部門の環境経営推進機構でISO 14001認定取得
米州環境部発足
環境経営推進機構発足
2004 第4次環境アクションプラン策定
環境ビジョン2010策定
CSR報告書2004発行
ファクターT冊子基本編発行
環境推進部に改称
中国環境部発足
2003 環境会計に第三者審査を導入 欧州環境部発足
2002 廃棄物ゼロエミッション達成、
マテリアルフローコスト会計の導入
 
2001 グリーン大賞、地球環境大賞などを受賞 環境保全推進部に改称
2000 第3次環境アクションプラン策定
環境会計公表
 
1999 焼却炉全廃 環境・リサイクル推進センターに改称
1998 環境報告書1998発行  
1997 環境保全基本規程改訂
(株)東芝の全工場でISO 14001認証取得完了
 
1996 第2次環境アクションプラン策定  
1995 新環境保全基本規程、ISO 14001認証取得開始 環境保全センターに改称
1994 1.1.1-トリクロロエタン全廃  
1993 第1次環境アクションプラン策定
洗浄用特定フロン全廃
東芝総合環境監査の実施をスタート
 
1992   地球環境会議の設置
1991 環境理念/スローガン、製品アセスメント、省エネ目標  
1990 環境構造物指針、産廃量凍結  
1989 環境管理基本規程、ODS削減計画、環境監査 東芝グループ全社に環境管理体制設置
1988   環境管理センター発足

このページのトップへ