Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Management > 環境リスク・コンプライアンス 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

環境リスク・コンプライアンス

環境法令の遵守

東芝グループは大気・水域への環境負荷排出などについて、法律の規制より厳しい自主管理値を設定し、事業場ごとに遵守しています。

社内環境監査では、潜在的な環境リスクを洗い出し、環境事故の未然防止に努めています。社内監査における各サイトの監査結果や新しい法規制の動向、グループ内で起こった事故の事例などを社内共有し、包括的な活動を展開しています。

残念ながら2016年度は3件の法令違反が発生しました。問題に迅速かつ的確に対処したうえで、それを教訓として今後の再発防止とさらなる遵法管理に努めていきます。

東芝ソリューション(株)※1(2016年4月)

処分委託契約を締結していない業者に下取り品の処理を依頼

(株)東芝 エネルギーシステムソリューション社※2(2016年8月)

廃棄物実績行政報告の提出漏れ

(株)東芝 京浜事業所※2(2016年10月)

最終放流口のpH基準値が超過(行政立入時)

原因究明と再発防止策を実施

※1
現 東芝デジタルソリューションズ(株)
※2
現 東芝エネルギーシステムズ(株)

このページのトップへ

環境リスクへの対応

多様化するリスク案件については、社長直轄のリスク・コンプライアンス委員会で対応策を検討しており、環境リスクについても同委員会で予防措置を講じています。

万が一環境リスクが顕在化した場合には、環境担当役員の指示の下、ただちに環境推進室と各カンパニー、主要グループ会社、サイトの環境推進責任者ならびに関係者が連携して、情報の共有や関係各所の再点検、再発防止策などの対応を実施します。

このページのトップへ