Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Green Management > 環境コミュニケーション 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

環境コミュニケーション

第25回東芝グループ環境展

「第25回東芝グループ環境展」のイメージ

2016年6月9日と10日の2日間、「第25回東芝グループ環境展」を川崎市のスマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)で開催し、2日間で約4,000人のお客様にご来場いただきました。今回の環境展では、当社成長戦略の重要な柱である「エネルギー」、「社会インフラ」、「ストレージ」各領域における環境調和型製品やサービス、環境負荷低減に向けたモノづくりの事例など45点を紹介しました。また、環境展開催25回目の節目にあたることから、東芝グループの環境経営や環境展の歴史をふり返るパネルを展示するとともに、来場者の皆様より当社へのメッセージをいただくコーナーを設置しました。さらに、ビルソリューションを紹介する「BEMSツアー」やプレス向け説明会なども開催いたしました。

「第25回東芝グループ環境展」のイメージ

各ゾーンで東芝グループの環境経営や製品・サービス、モノづくりの事例などを展示

「全体方針/施策ゾーン」のイメージ

全体方針/施策ゾーン

「環境ビジョン2050」の紹介と「第5次環境アクションプラン」の実績、「T-COMPASS」の施策などを紹介しました。また、生物多様性保全活動を紹介するコーナーでは、工場内で保護しているホトケドジョウなどの生き物も展示しました。

「エネルギーゾーン」のイメージ

エネルギーゾーン

世界最高レベルの効率を誇るとともに燃焼により発生するCO2を100%回収するゼロエミッション火力発電システムや、世界シェアNo.1の地熱発電システム、また自立型水素エネルギー供給システムなどを展示しました。

「社会インフラゾーン」のイメージ

社会インフラゾーン

二次電池SCiB™を活用した蓄電池ソリューションのほか、輸送計画ITソリューションなどと連携しエネルギーを多視点から総合的に削減する鉄道システム、消費電力を最大約50%削減したマシンルームレスエレベーターなどを展示しました。

「ストレージゾーン」のイメージ

ストレージゾーン

大容量ストレージに貢献する三次元フラッシュメモリ、およびその量産を行う四日市工場におけるエネルギー効率の見える化・データ分析などの省エネ活動を紹介しました。また、鉄道や電力システムなどに使用されるパワー半導体の展示も行いました。

「環境マネジメントゾーン」のイメージ

環境マネジメントゾーン

従業員の環境意識向上と一体感の醸成を目的に世界各地で行っている環境コミュニケーション活動のほか、環境人財の充実化をめざした環境教育・人材育成の活動も紹介しました。

「その他コーナー」のイメージ

その他コーナー

平成27年度省エネ大賞審査員会特別賞を受賞した液晶テレビを展示したほか、環境展25回目開催を記念した特別パネルを掲出し、お客様に当社へのメッセージを書いていただきました。

このページのトップへ

グローバルで取り組む従業員参加型の環境アクション

東芝グループでは世界中の従業員の環境意識向上と一体感の醸成を目的に、地域と連携した環境活動を推進しています。2015〜2016年度にも、廃家電リサイクルイベント、省エネコンテスト、希少な生物の保護や自然観察会など、世界各地で多種多様な活動を従業員主体で行っています。

「グローバルで取り組む従業員参加型の環境アクション」のイメージ

このページのトップへ