Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Management > 環境リスク・コンプライアンス:オゾン層破壊物質の管理 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

オゾン層破壊物質の管理

オゾン層破壊物質の特定フロンは、工場に設置しているエアコンなどの冷媒として保有しており、その廃棄は法律に則って適切に処理を行っています。2017年度の特定フロン保有量は、設備更新等によって前年度比で約9%削減し、8.9トンでした。フロン漏えい量については、フロン排出抑制法に定められたフロン類算定漏えい量報告・公表制度の報告対象となる1,000t-CO2を下回り、CO2換算で456t-CO2となりました。今後も日常・定期点検、環境監査などを通じて管理のさらなる強化を図っていきます。

このページのトップへ