Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > お知らせ一覧 >2011年度日本分析化学会関東支部「新世紀賞」を受賞 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

2011年度日本分析化学会関東支部「新世紀賞」を受賞

[2012年1月30日]

当社環境推進部の竹中みゆきが、2011年度日本分析化学会関東支部「新世紀賞」を受賞しました。
同賞は同学会から毎年1-2名の分析化学の優れた研究実績を有する中堅研究者に贈られるもので、2012年1月9日に表彰式と講演会が行われました。

受賞対象となった研究テーマは「電気電子材料における超微量分析に関する研究」で、材料中微量不純物の高感度分析法を開発し、半導体品質および材料評価技術の向上に貢献をしてきた点、また、近年の欧州環境規制に対応する電気電子製品中の有害物質の測定法を提案するとともに、関連するIEC国際標準化活動に当初から日本代表として参画し、この分野の第一人者として活躍している点などが評価されたもので、電機メーカーからは初の受賞となります。

2011年度日本分析化学会関東支部「新世紀賞」受賞の写真
日本分析化学会関東支部 角田支部長(右)と

このページのトップへ