Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > お知らせ一覧 >2013年度 東芝グループ「環境一斉アクション」の実施について 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

2013年度 東芝グループ「環境一斉アクション」の実施について

[2013年5月27日]

 当社グループでは、今年度から6月5日の「世界環境デー」を「環境一斉アクション」の日と位置づけ、グローバルの全従業員約21万人が一体となり、環境活動を行う日としました。毎年、共通のテーマのもとで世界各地の拠点で一斉に環境活動を行うことにより、従業員一人ひとりが環境意識を高めていくことをめざします。

 初年度となる本年6月5日の「環境一斉アクション」では、「一斉ライトダウンキャンペーン」を実施します。国内外の当社グループ事業所で夜間の消灯を行うと同時に、従業員の家庭での消灯も推進します。本社事務所(東京・浜松町の東芝ビルディング)においては、初めての試みとして「東芝本社ビル一斉ライトダウンイベント」を実施します。ビル内の照明を一斉に消灯するとともに、中庭にて野外コンサートなど従業員向けの併設イベントも実施し、グループ全体での環境活動に対する従業員の意識啓発に努めます。

 当社グループは、2015年度までにエコ・リーディングカンパニーとしての地位を確立することをめざしており、昨年6月には具体的な環境活動項目となる目標を設定した「第5次環境アクションプラン」を制定しました。その目標の一つとして「世界の環境問題に取り組む『環境一斉アクション』の実施」を掲げており、当社グループは来年度以降も「世界環境デー」に合わせて「環境一斉アクション」を実施し、従業員の環境意識向上、地域との連携強化を図っていきます。

関連情報

このページのトップへ