Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Business(製品・サービス) > 化学物質の管理:製品の化学物質管理 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

製品の化学物質管理

東芝グループの製品における化学物質管理の取り組み

東芝グループは、半導体やハードディスクなどの電子デバイスからPC・TVなどのAV製品、そしてエアコン、エレベーター、照明機器などのビル・施設関連機器やモーター、鉄道システムなどの産業システム、発電・送配電システムなどの電力・社会インフラ系製品まで 幅広く製造・販売しており、それぞれの製品にはさまざまな化学物質が使用されています。これら化学物質を適切に管理するために、東芝グループではWSSD※1などで提言・採択された「化学物質のもたらすリスクの最小化」を重要な取り組み課題と考え、管理すべき化学物質の特定、そして特定した物質の製品への使用の全廃(含:代替化)、含有削減などの取り組みを推進しています。また、これら物質の情報をバリューチェーンを通じて伝達・共有することにより、使用する化学物質が製品のライフサイクルを通して人の健康と地球環境にもたらすリスクを最小化することをめざしています。

またビジネスのグローバル化にともない、製品に含まれる化学物質の管理もグローバルに展開しており、世界各国の化学物質管理に関する政策・規制の最新動向を地域環境部(中国)や現地法人と連携して収集・評価し、グループの管理強化に反映させています。

さらに東芝グループでは、「製品の部材・部品などの調達品に含有を禁止する物質(禁止物質(群)」と、「調達品での含有状況を把握し、削減・代替化を検討する物質(管理物質(群)」を定め、ビジネスパートナー様、および調達取引先様にご協力いただきながら、これら化学物質による環境負荷の小さい製品・部品・材料などを調達する「グリーン調達」を推進しています。

■ 東芝グループ環境関連物質リスト
区分 判断基準
ランクA(禁止物質(群)) 東芝グループにおいて、調達品(包装材含む)への含有を禁止する物質(群)。国内外の法規制で製品(包装材含む)への使用が禁止または制限されている物質(群)。
ランクB(管理物質(群)) 使用実態を把握し、削減・代替化などの環境負荷低減に努める物質(群)、またはクローズドシステムで回収・無害化を図り環境への影響を抑制する物質(群)。

業界動向などの事情から、東芝グループ各社により管理内容(物質群、管理レベル、閾値など)が異なる場合があります。

■ 世界各国の含有化学物質に関する規制動向の一例
「世界各国の含有化学物質に関する規制動向の一例」のイメージ

※1
WSSD(World Summit on Sustainable Development): 持続可能な開発に関する世界首脳会議
※2
RoHS(Restriction of certain Hazardous Substances): 電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令

このページのトップへ

PVC/BFR代替化を推進

2016年度の成果

東芝グループは第5次環境アクションプランにおいて、製品中に含まれるPVC(塩化ビニル樹脂)とBFR(臭素系難燃剤)の代替化を全80製品群において進めるという目標を掲げ、2015年度までに代替化を76製品群まで拡大してきました。2016年度に東芝グループの事業構造変更によって医療機器・家電製品のビジネスを東芝グループ外へ売却したことにともない、これらビジネスにかかわる製品群を活動の対象から除いたことで、2016年度からの対象製品群を、2015年度までの「全80製品群」から「全66製品群」に変更し活動を継続しました。

その結果、対応実績を65製品群まで拡大することができましたが、残念ながら1製品群(燃料電池関連製品)で未達となりました。この製品群についても代替品の選択自体は完了していたのですが、2016年度に上市予定していた製品の上市のタイミングが前倒しになったことで、2016年度中に代替品を適用できませんでした。次期製品については、当初より代替品を適用することで開発を進め対応する予定です。

「PVC/BFR代替化」については、2017年度からスタートした第6次環境アクションプランではKPIとはせず、活動自体は継続していく「維持・管理」の取り組みとしてグループすべてで対応していきます。

■ PVC/BFR代替化取り組み製品群の推移
「PVC/BFR代替化取り組み製品群の推移」のイメージ

このページのトップへ

【事例1】POSシステム

「POSシステム」のイメージ

東芝テック(株)

POSシステムでは、電源供給や信号通信などで使用する複数の電線を束にして集合部品としたケーブルハーネスを使用しています。

従来は、柔らかく配線の自由度の大きいPVC製のハーネスを使用していましたが、PVCを使用しないハーネスの採用を検討し、PVCを使用しない部品を使用できるようになりました。今回の事例をほかの製品にも展開し、PVC代替化を推進していきます。

【事例2】エレベーター

「エレベーター」のイメージ

東芝エレベーター(株)

エレベーターでは、かご内の色彩や質感のバリエーションを出すとともに耐久性を高めるために、従来、鋼板に樹脂をコーティングした樹脂化粧鋼板やPVC製の照明カバー、タイルなどを使用していました。

これら用途について、PVCフリー材料の適用を検討し採用することで、PVCフリーを実現しました。

【事例3】換気扇の表示ラベル

「換気扇の表示ラベル」のイメージ

東芝キヤリア(株)

換気扇のようにお客様が洗剤で洗浄する製品では、製品の使用にかかわる重要な注意事項などを表示する際、印字の耐洗浄性や、容易に剥がれないための有効な接着剤と台紙の相性などから、従来は実績のあるPVCが長年使用されてきました。

表示ラベルでのPVC代替化のために、台紙・接着剤・印字インクの組み合わせによる耐洗浄性能やはがれ難さなどを検討し、PVCフリーラベルの実用化につなげました。

このページのトップへ

【事例1】LED照明

LEDライトエンジン
「LEDライトエンジン」のイメージ
LED電球
「LED電球」のイメージ

東芝ライテック(株)

LEDライトエンジン、LED電球は、従来の蛍光ランプより省エネ、省資源であるとともに、一部部材で臭素系難燃剤(以下BFR)フリー材を使用する含有化学物質の削減が進んだ製品です。

●BFRフリー部材の採用
LEDライトエンジンのホルダー部、リフレクタ部、LED電球の光源部分の反射板に採用し、BFRを削減しています。

このページのトップへ

【事例1】POSターミナル

「POSターミナル」のイメージ

東芝テック(株)

POSターミナル「M-8500」は、アプリ待機電力削減などによる業界トップの省エネ性能の実現とともに、ハロゲンフリー材の採用、水銀フリー化、カドミフリー化など、含有化学物質の削減が進んだ製品です。

2014年2月現在当社調べ
ハロゲンフリー材の採用
ハロゲンフリープリント回路基板を基板面積比で約50%採用することでBFRを削減
水銀フリー化
本体ディスプレイにLEDバックライトを採用することで水銀を全廃
カドミフリー化
停電時のバックアップ電池をニカド電池からニッケル水素電池に変更したことでカドミウムを全廃

このページのトップへ

4種フタル酸エステル※1の代替化を推進

今後の取り組み

東芝グループは、2017〜2020年度を活動期間とする第6次環境アクションプランのなかで、製品含有化学物質管理として「4種フタル酸エステル」の代替化を推進します。

フタル酸エステルは塩ビやその他プラスチックの可塑剤として使用されており、電機電子機器においても、コード類や内部配線で使用するケーブル被覆等の可とう性が求められる部位のプラスチックや、各種パッキンなどの可塑剤として広く使用されています。

しかし有害性評価の過程でフタル酸エステルの生殖毒性が懸念されており、欧米では玩具や長時間皮膚に接触する部位での使用が規制されていました。

電機電子機器に関しても、2015年6月4日にEUにおいて、改正RoHS指令の附属書IIを修正する「欧州委員会委任指令〔Commission Delegated Directive(EU)2015/863〕」が公布され、4種フタル酸エステルが新たな規制物質として追加されました。これにより、EU域内市場に上市する電機電子機器に関して、2019年7月以降、4種フタル酸エステルの使用が規制されます。またEUでの規制にともない、2020年にはUAEで規制が始まるなど、各国で4種フタル酸エステルの規制が始まります。

このような状況を受け、東芝グループでは2015年に「東芝グループ グリーン調達ガイドライン」を見直し、適切な時期に4種フタル酸エステルを含む調達品を調達禁止とすることとし、ビジネスパートナー様、および調達取引先様にご協力をお願いし、代替化の検討を本格化しました。第6次環境アクションプランでは、各事業部が自身の製品(群)で使用しているフタル酸エステル含有部材を特定し、代替化を進めます。

製品の品質を維持しながら代替化を進めるためには、代替化材料の信頼性評価や、購入した材料にフタル酸エステルが含まれるか否かを簡易に評価できることなどが重要となります。東芝グループでは、これまでにケーブルの折り曲げ強度の評価方法や、高分子材料中のフタル酸エステル含有検査の簡易手法などを検討してきました。これまでの検討で得た知見や、取引先様にご協力いただき入手した情報などを基に、全製品(群)で2017年7月までに代替化を完了させます(一部、RoHS規制開始時期が2021年からの製品(群)、およびRoHS規制対象外の製品では、代替化目途づけ完了を目標としています)。

※1
フタル酸ビス(2-エチルヘキシル)、フタル酸ブチルベンジル、フタル酸ジ-n-ブチル、フタル酸ジイソブチル。主にプラスチック(ケーブル被覆等)などの可塑剤として使用されており、人体への影響が懸念されている。

このページのトップへ

グリーン調達ガイドライン

東芝グループ版グリーン調達ガイドラインは、以下のリンクからPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

改訂日:2017年1月1日

なお、業界動向などの事情から、調達取引先様へのお願い事項の詳細は、東芝グループ各社により異なる場合がございます。
詳細につきましては、お取引させていただいている東芝グループ各社、事業部、事業所、工場などの担当窓口が発行するグリーン調達ガイドラインに示しています。
東芝グループ各社版は、以下のリンク先からご覧ください。

このページのトップへ