Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Business(製品・サービス) > 地球温暖化の防止:製品・サービスにおけるCO2排出抑制量の拡大 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

製品・サービスにおけるCO2排出抑制量の拡大

エネルギーの「供給」「消費」両面の効率化を通じて地球温暖化防止に貢献

(1)エコプロダクツ(供給):エネルギー供給にかかわる製品・サービスによる貢献
低炭素エネルギー技術によって発電プラントなどの電力インフラの効率を向上させることで、温室効果ガス排出量の抑制に貢献します。

(2)エコプロダクツ(消費):エネルギー消費にかかわる製品・サービスによる貢献
エレベーターや鉄道システム、空調・照明といった社会インフラ製品・サービスや業務用機器など、エネルギー消費製品・サービスの省エネ性能を向上させることで、温室効果ガス排出量の抑制に貢献します。

2017年度の成果

供給と消費を合わせ、排出抑制量は1,086万トンとなりました。

(1)エコプロダクツ(供給)の成果
当初予測よりもエネルギー関連事業の売上が伸びず、目標は未達となりましたが、900万トンのCO2排出を抑制しました。

(2)エコプロダクツ(消費)の成果
温暖化防止に関するecoターゲットを設定して開発を進め、グローバルに製品・サービスを提供することで、2017年度は目標を上回る186万トンのCO2排出抑制効果を生み出すことができました。

今後の取り組み

エネルギー供給にかかわる製品・サービスに関しては、コンバインドサイクル発電システムや地熱発電所向け発電システムを提供することで、高効率火力や再生可能エネルギーの普及を拡大していきます。また再生可能エネルギーの大量導入に向けて、電力の安定供給を実現するための蓄電池ソリューションや水素電力貯蔵システムの開発・提供も引き続き進めていきます。

エネルギー消費にかかわる製品・サービスに関しては、業務用空調機器やLED照明などの省エネ効果の大きい製品の普及拡大をめざします。さらに社会インフラ分野を中心としたシステム製品をグローバルに展開し、特に需要が拡大傾向にある新興国市場をターゲットとして、CO2排出抑制効果が大きい製品の事業拡大を進めていきます。

なお第6次環境アクションプランでは、2020年までに供給と消費を合わせて累計2,260万トン以上の排出抑制をめざします。

■ エコプロダクツ(供給)のCO2排出抑制量

2017年度
目標
2017年度
実績
2018年度
目標
2020年度
(最終年度)
目標
960万t-CO2 900万t-CO2 1,290万t-CO2 1,630万t-CO2

■ エコプロダクツ(消費)のCO2排出抑制量

2017年度
目標
2017年度
実績
2018年度
目標
2020年度
(最終年度)
目標
170万t-CO2 186万t-CO2 340万t-CO2 630万t-CO2

■ CO2排出抑制量の内訳 事業別(2017年度)
「CO2排出抑制量の内訳 事業別(2017年度)」のイメージ

■ エコプロダクツ(消費)のCO2排出抑制量の内訳 地域別(2017年度)
「エコプロダクツ(消費)のCO2排出抑制量の内訳 地域別(2017年度)」のイメージ

■ 東芝グループ製品のライフサイクルにおけるCO2排出割合
「東芝グループ製品のライフサイクルにおけるCO2排出割合」のイメージ

このページのトップへ