Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Business(製品・サービス) > 化学物質の管理:環境ラベル 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

環境ラベル

環境ラベル等取得商品

「中国環境ラベル」のイメージ

「EPEAT」のイメージ

「エネルギースター」のイメージ

エネルギースター、エコマーク等の第三者機関で実施している環境ラベルによる情報提供を実施している商品を紹介しています。

  • ノートPCなど エネルギースター、EPEAT、EUエコラベルほか
  • 複写機など  エネルギースター、中国環境ラベル、エコマークほか

このページのトップへ

J-MOSS対応

「J-MOSS対応」のイメージ

2005年12月に公示されたJIS C 0950規格※1により、規格の対象となる電気・電子製品※2において特定の化学物質※3の含有率が基準値以下であれば、製品本体、包装箱などに業界ガイドラインに従ってグリーンマークを表示することができます。当社グループでは、2005年4月以降に発売する製品に原則として含有させない方針で取り組み、対応を完了しました。今後、積極的にグリーンマークの表示を行う予定です。

※1
正式名称は「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法(通称J-Moss:Japan-The marking for presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipment)」
※2
規格の対象となる7種類の製品:(1)パーソナルコンピュータ (2)ユニット形エアコンディショナ (3)テレビ受像機 (4)電気冷蔵庫 (5)電気洗濯機 (6)電子レンジ (7)衣類乾燥機
グリーンマークの対象範囲は、資源有効利用促進法により含有マーク表示が義務付けられる品目のみ(現行7品目)に限定する。
※3
鉛、水銀、六価クロム、カドミウム、および2種類の難燃剤(PBB、PBDE)の6種類の化学物質

このページのトップへ