Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > Green by Technology > エネルギーをおくる 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

エネルギーをおくる

東芝グループは、発電所からビル・オフィス、住宅に至る送配電系統に関連する高効率機器を提供し、低炭素社会の実現に貢献しています。

長距離送電時の送電ロスを低減する次世代直流送電システム

洋上や山間部にわたる広範囲に設置されたさまざまな再生可能エネルギー機器にともない、広範囲での系統連携の技術が必要となっています。

直流送電は、交流送電の様な電線路のリアクタンスによる電圧降下や、静電容量によるフェランチ効果(電圧上昇)が無く送電ロスが小さいといった特徴があるほか、日本の様に周波数の異なる系統間の連携(50Hz⇔60Hz)には欠かせない技術です。

■ HVDC適用例
「HVDC適用例」のイメージ

「変換用変圧器」のイメージ
変換用変圧器

「吊バルブ(他励式)」のイメージ
吊バルブ(他励式)

国内では、現在北海道と本州との間など6拠点で直流送電システムのプロジェクトが進んでおり、東芝はこの全プロジェクトに参画しています。

また海外では、イタリア−モンテネグロ間での直流送電プロジェクトに参画しており、吊バルブ、変換用変圧器などの主要な機器の製作に携わっております。東芝は、独自の回路構成により他社と比較して20%程度装置が小型化でき、設置面積の縮小に貢献しています。

このページのトップへ

先進技術で安定した電力供給を実現する送配電システム

経済的かつ安定した電力供給を実現するために、高電圧・大容量の送変電機器、中低電圧の配電機器、デジタル技術を取り入れた系統保護リレー装置などの機器、それらを遠方で制御するための監視制御装置システムを社会へ提供しています。

「550kVガス絶縁開閉装置」のイメージ
550kVガス絶縁開閉装置

「固体絶縁スイッチギヤ」のイメージ
固体絶縁スイッチギヤ

「電力系統監視制御システム」のイメージ
電力系統監視制御システム

「固体絶縁スイッチギヤ/気中絶縁スイッチギヤ」のイメージ
固体絶縁スイッチギヤ           気中絶縁スイッチギヤ

ガス絶縁開閉装置(GIS)、変圧器などの送変電機器、気中絶縁スイッチギヤ(AIS)、固体絶縁スイッチギヤ(SIS)などの配電機器については、先進技術を取り入れコンパクト化を進め、設置面積の縮小に貢献しています。

固体絶縁スイッチギヤについては、絶縁材料に高性能エポキシ樹脂を使用し、SF6ガスフリーを実現、地球温暖化防止に貢献しています。

体積、面積の比較(36kVの例)

  固体絶縁スイッチギヤ 気中絶縁スイッチギヤ
体積 22% 100%
面積 26% 100%

このページのトップへ