Japan

東芝トップページ > 企業情報 > 環境活動 > ビジョン・戦略 > 企業活動におけるサプライチェーンGHGを全カテゴリで見える化 

環境活動

人と、地球の、明日のために。

企業活動におけるサプライチェーンGHGを全カテゴリで見える化

気候変動問題の深刻化にともない、企業には自社の温室効果ガス(GHG)※1排出量のみならず、サプライチェーン全体における排出量を把握、管理することが求められています。東芝グループでは温室効果ガス排出量算定に関する国際基準「GHGプロトコル※2」や環境省の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン」などに基づき、自社の事業活動による排出(SCOPE1、SCOPE2)に加え、自社の事業活動範囲外での間接的排出(SCOPE3)についても把握、算定しています。GHG排出量全体の8割以上を「販売した製品の使用にともなうGHG排出量」が占めていることから、東芝グループでは、エネルギー効率が高く、使用時のGHG排出量の継続的削減につながる製品の開発に注力しています。

このようなカテゴリごとの定量的な把握に基づき、ライフサイクル全体を通じて効果的な取り組みを進め、全カテゴリで見える化することが重要と考えています。今後はサプライチェーンのGHGを把握する体制の構築に取り組み、管理の強化を推進していきます。

※1
CO2、CH4、N2O、HFCs、PFCs、SF6、NF3
※2
GHGプロトコル(The Greenhouse Gas Protocol):世界資源研究所(WRI)と持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)が中心となり、世界中の企業、 NGO、政府機関などが参画して策定した、温室効果ガス(Greenhouse Gas:GHG)排出量の算定と報告のガイドライン

(2016年度)
「企業活動におけるサプライチェーンGHGを全カテゴリで見える化」のイメージ

分類 算定対象カテゴリ 2015年度
算定結果
(万t-CO2)
2016年度
算定結果
(万t-CO2)
排出量
変化率
備考
合計 5,320 5,788    
上流 1 購入した製品・サービス 493 477 -3%  
2 資本財 68 100 47% 半導体事業等の拡大により増加しました
3 SCOPE1,2に含まれない燃料およびエネルギー関連活動 15 15 0%  
4 輸送、配送(上流) 30 31 3%  
5 事業所から出る廃棄物 2 2 0%  
6 出張 6 5 -17% オンラインミーティングなどにより減少しました
7 従業員の通勤 全GHG排出量の0.1%以下として評価しました
8 リース資産(上流) 業種として該当していません
自社 9 直接排出(SCOPE1) 81 84 4% 半導体事業等の拡大により増加しました
10 エネルギー起源の間接排出(SCOPE2) 205 211 3% 半導体事業等の拡大により増加しました
下流 11 輸送、配送(下流) 9 9 0%  
12 販売した製品の加工 主として加工をともなわない最終製品・部品を扱っています
13 販売した製品の使用 4465 4907 10% 省エネ製品の販売により増加しました
14 販売した製品の廃棄 -54 -53 -2%  
15 リース資産(下流) 業種として該当していません
16 フランチャイズ 業種として該当していません
17 投資 業種として該当していません
第三者保証該当箇所にはマークを記載しました。算定方法についての詳細は、第三者保証にかかわる算定方法に記載しています。
東芝ライフスタイル(株)、ウェスチングハウス社グループは、2015年度、2016年度とも算定対象外としています。
(参考)2016年度 直接排出(SCOPE1):6万t-CO2、エネルギー起源の間接排出(SCOPE2):12万t-CO2、販売した製品の使用(SCOPE3):443万t-CO2

このページのトップへ