Japan

トップページ > ジャポニカアレイ®ジェノタイピングサービス

ジャポニカアレイ®ジェノタイピングサービス

ジャポニカアレイ®ジェノタイピングサービスについて

ジャポニカアレイ®は、国立大学法人東北大学 東北メディカル・メガバンク機構(ToMMo)が構築した全ゲノムリファレンスパネルを基に、COI東北拠点が社会実装した日本人ゲノム解析ツールです。日本人に特徴的な塩基配列を持つ約66万箇所の一塩基多型(SNP:Single Nucleotide Polymorphism)を1枚のチップに搭載しており、高スループットな解析が可能です。

日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ」
日本人ゲノム解析ツール「ジャポニカアレイ®

※ジャポニカアレイ®は国立大学法人東北大学の登録商標です。

ジャポニカアレイ®ジェノタイピングサービスの資料(ダウンロード)

サービスの特長、ジャポニカアレイ®の構成などは下記資料をご覧ください。

カタログ [PDF形式/504KB] ジャポニカアレイ®v2

カタログ [PDF形式/1.4MB] ジャポニカアレイ®(従来型)

サービス概要(サービス内容、概算納期、申込方法、検体送付など)は下記資料をご覧ください。
下記資料は、ジャポニカアレイ®v2にも対応しています。

サービス案内書 [PDF形式/870KB]

サービス申込書 [エクセル形式/310KB]

「小児ステロイド感受性ネフローゼ症候群の疾患感受性遺伝子同定研究」の講演パンフレットは下記資料をご覧ください。

講演パンフレット [PDF形式/1.6MB]

ジャポニカアレイ関連の研究等が国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)のウェブサイトで紹介されています。

(別ウインドウが開きます) AMEDのゲノム医療研究支援のページへ(ゲノム医療研究をご覧ください)

このページのトップへ

東芝トップページ個人情報保護方針

Copyright