Japan

米国の原子力発電所プロジェクトに関する一部報道について

2011年12月16日

 当社が米国で参画しているテキサス州の新規原子力発電所計画(STP3、4号機)に関して、昨日、あたかも米国原子力規制委員会(NRC)による建設運転許可そのものが見送られたかのような一部報道がありました。しかしながら、NRCによる建設運転許可一括申請(COLA)に関する審査は引き続き継続されており、審査作業全体が中断、もしくは認可が見送られた事実はありません。

 STP3、4号機のオーナー企業であるNINA(当社が一部出資)が、COLAの審査項目の中の米国の原子力発電所を外国企業が支配することを防止する対策の項目について、NRCから一定の要件を満たされるまでは当該部分の審査手続きを一旦保留する旨の通知を受け取ったものであり、当社は技術的な審査など主要な審査対応は継続しつつ、今後保留となった項目について、NRCと協議をしながら対応を進めてまいります。