• TOP
  • ユースケース
  • 共創事例紹介:ドローン撮影による電力インフラ設備点検サービス

Javascriptの機能OFFにすると十分な情報を表示することができない場合がございます。

事例紹介

アルパイン × 東芝    ドローン撮影による電力インフラ設備点検サービス

アルパイン株式会社様が持つ地図情報連携技術や車載システムインテグレーション技術と、東芝が持つ画像処理技術やIoT技術を融合した、ドローンによる電力インフラ事業者向けの巡視・点検システムの開発を開始しました。実証実験を基に巡視・点検サービスを拡充し、2017年度中の実用化を目指しています。

ドローンを使って電力インフラの安心・安全を空から支える

ドローンを使って電力インフラの安心・安全を空から支える

電力インフラの維持・管理業務の中でこれまで保全作業員による目視が主流だった山間部の送電線や鉄塔の巡視・点検を、ドローンの活用に置き換えます。ドローンで撮影した画像データをIoT基盤上に構築した画像処理や機械学習(AI)などで分析することで、高い安全性を担保しながら、よりスピーディーで正確な状況の把握につなげることを目指しています。

■今後のスケジュール

  • 2016年 実証実験
  • 2017年 試用サービス開始
  • 2018年 巡視点検サービス 本格運用開始

ドローンを使って電力インフラの安心・安全を空から支える

ドローンによる電力インフラの設備点検イメージ

トップへ戻る

トップへ戻る