Toshiba IoT Architecture SPINEX 東芝Iot アーキテクチャー スパインエックス

先進の技術と多彩な現場の知見を結集した東芝の「人を想うIoT」

私たち東芝が大切にしてきたのは、使う人や、その人達の暮らしを想うこと。
モノとモノがつながるデジタル社会となっても、
人の想いを汲みとる技術を通して東芝は「人を想うIoT」で、
社会に尽くしていきます。

「人を想う IoT」の骨格に

お客さまのビジネス成長への骨格"spine"となることを目指して生まれた
東芝IoTアーキテクチャー“SPINEX(スパインエックス)”。
インダストリアルIoTの重要な骨格となって企業や社会に貢献し、人びとの活動を支えます。

SPINEXで実現する
デジタル
トランスフォーメーション

AIをはじめとするさまざまな先進技術を結集したSPINEX。
お客さまとの共創により
IoTを活用した新しいビジネスモデルの創出を目指します。

SPINEXとは

人とモノが共働する世界を実現する
東芝の2つのAI技術

IoTデータから人・モノを的確に捉え、熟練者の経験や暗黙知をデジタル化。
業務の最適化や新たなビジネスモデルの創出に貢献します。

東芝の2つのAIとは

活用事例・ユースケース

東芝IoTのユースケースや共創事例をご覧いただけます

  • エネルギーIoT

    蓄電池群制御、エネルギーマネジメント、太陽光発電の遠隔監視

  • 社会インフラIoT

    鉄道・EVバスの運行計画・監視、電力インフラの巡視・点検

  • 物流・流通IoT

    輸送・入出庫の状態可視化、顧客需要・購買行動の把握・予測

  • ビル・施設IoT

    エレベーターの予防保守、空調・照明の監視・省エネ制御

  • ものづくりIoT

    設備・保全・監視、歩留り向上・生産性向上・省人化

活用事例一覧