TOP > コラム・特集 > AI研究の識者に聞く!日本企業に適したAIアプローチ

Javascriptの機能OFFにすると十分な情報を表示することができない場合がございます。

AI研究の識者に聞く!日本企業に適したAIアプローチ

AI研究の識者に聞く!日本企業に適したAIアプローチ

  • AI
  • 【対談】
  • 2016.12.1


人工知能(AI)研究の分野では、深層学習、いわゆるディープラーニングと呼ばれる手法が注目され、今まさに第三次ブームが起きている。各国の研究機関や世界中の企業ではAIに関する様々な研究が行われており、実際の製品に実装されている技術も少なくない。

そんなAIの市場動向をはじめ、日本企業がどうAI領域に取り組んでいくべきなのか、そしてAIが我々にどんな未来をもたらしてくれるのか。AIの現状と将来像について、NPO法人全脳アーキテクチャ・イニシアティブ代表であり株式会社ドワンゴ 人工知能研究所 所長として活躍する山川 宏氏と、音声・映像活用クラウドAIサービス「RECAIUS(リカイアス)」に携わる株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社 商品統括部 主幹 梅木 秀雄氏に詳しく伺った。

聞き手はTBSアナウンサー 笹川 友里氏だ。




期待されるAI活用の世界

笹川

今後10年を考えたときに、私たちの身近なところでどんな部分にAIが登場し、私たちの生活を助けてくれるものになるとお考えでしょうか。

梅木

おそらく最初に出てくるのは、自動運転あたりでしょうか。長距離運転のトラックなどに自動運転が広がってくれば、疲労や睡眠不足などによる大きな事故に繋がるリスクを軽減することが可能になるはずです。また、高齢化が進む中で一人暮らしの老人も増えており、対話やコミュニケーション支援などへのAI展開が期待されています。家族との時間が合わないときにAIがうまく仲介するなど、心のケアに役立つようになると考えています。

山川

自動運転などは車が移動手段の中心である地方のほうでは恩恵が大きいでしょうし、指定した時間になれば自分の家の前までタクシーのように車が迎えに来てくれるようなことも。そうなると、個人で所有しないカーシェアが大きく広がる可能性はありますね。ちなみに、AIの技術は身近な生活のいたるところで使われているのですが、今はその便利な技術がAIと呼ばれなくなってしまっただけなのです。例えば、最初の文字を入力すると複数の候補を提示してくれるスマートフォンの文字入力支援機能などは、実は登場した当時はAIと呼ばれていました。新しい技術で人間がやってほしいこと、人間ができることが技術でできるようになることをみんなAIと呼んでいるのです。

笹川

AIって未来のものだと思っていましたが、私たちの生活にはすでに入り込んでいるんですね。

株式会社ドワンゴ ドワンゴ人工知能研究所  所長 山川 宏 氏
株式会社ドワンゴ
ドワンゴ人工知能研究所
所長

山川 宏 氏

ページトップへ戻る


山川

そうなのです。ただ、技術が完成してしばらく使われていくとAIと呼ばなくなります。今流行っているディープラーニングはAIと呼ばれていますが、おそらく5年後にはAIとは呼ばれなくなっていることでしょう。巷には“かつてAIと呼ばれていたもの”があふれているのです。「AIはまだ実現できていない」と指摘する人もいますが、“できていないもの”こそがAIともいえるのです。

笹川

山川さんは全脳アーキテクチャというアプローチで、「汎用的な人工知能(AI)」を創ることをされていると伺っています。この汎用的なAIというのはどういったものになるのでしょうか。また普段の生活のどんな場面に生かされるのでしょうか。

山川

ある特定の用途で学習するための多くの情報(データ)が得られる領域で活躍するのが特化型AIであれば、汎用型AIというのは想定外の状況でもある程度対応できる能力です。創造性や直感を働かせて、何とか生存していくための能力を発揮するのが汎用型AIというものです。この汎用型AIは、まさかの備えとなるバックアップ機能として組み込まれていくことになるでしょう。逆に言えばイレギュラーな事情でしか真価を発揮しないのが汎用型AIなのですが、特化型と汎用型をたとえて言うなら、「日常生活で優しくて気が利く人」と「いざとなったら助けてくれる人」のどちらがいいのか、みたいなものでしょうか。

梅木

人間もそうですが、どうしていいのかわからないときには試行錯誤します。いろいろ試してみないと「あ、できちゃった」ということが生まれません。まさにAI自身が学習しながら探していく、試行錯誤していくことが汎用型AIのアプローチです。もちろん、そういう事態に陥らないという予測もAIには必要になってきます。そういう意味では、どんな状況なのかわからない災害などの現場で汎用型AIが大きく役立つはずです。

株式会社東芝 インダストリアルICTソリューション社 商品統括部 主幹 梅木 秀雄
株式会社東芝
インダストリアルICTソリューション社
商品統括部
主幹

梅木 秀雄

ページトップへ戻る


笹川

ただ、いざというときに助けてくれるAIが登場する一方で、あまりAIの知識がない私のような一般の人からすると、何かAIに乗っ取られる、仕事が取って代わられる、みたいな話ってどうなのかなと思うんです。

山川

新しい技術に仕事が取って代わられるのは、今に始まったことではありません。ただし、以前はそれ以上に新たな仕事が生まれていました。しかし、今は昔ほど新たな仕事が増えていないのではないかと考えています。そうなると、いずれは社会の中で働かなくても生きていけるベーシックインカムのような制度を整え、働くことは自分の趣味や楽しみの一貫としてかかわるものだという人が増えていくのではないでしょうか。社会的な制度がうまく実現できることが前提ではありますが。

梅木

いずれ単純労働はどんどんAIによって置き換わっていくのは間違いありません。飲食店など身近なアルバイトは少なくなっていき、例えば店舗で以前は3~4人必要だったのが、1人で十分仕事を回すことができるということにはなるはずです。

聞き手:TBSアナウンサー 笹川 友里
聞き手:
TBSアナウンサー

笹川 友里

山川

ちなみに現状ではコンビニエンスストアの店員の方は、汎用的な能力が必要だといわれています。店舗面積が狭いためにあらゆる機能を店員の方がまかなっていく必要があり、かつIT化が進みあらゆるものが電子的に制御されている中で、その繋ぎを人の手で行う必要があるのです。レジ以外にも、キャンペーン期間にはくじを引いてもらうなど、時間帯や時期によって求められることが変わってきます。かなり汎用的なスキルが要求される仕事なのです。

笹川

コンビニエンスストアのアルバイトは今のAIがまだ代わりづらい、大変な仕事だったんですね。


メルマガ登録
東芝のICTに関する最新トピック、セミナー、ソリューション情報などをお届けする「東芝デジタルソリューションズNEWS」を配信しております。ぜひご購読下さい。

メルマガに登録する

別ウィンドウが開きます…このマークがついているリンクは別ウィンドウが開きます。