SPINEXの特長

デジタルツイン

物理的なモノや現実世界で起きていることを、デジタル空間上に忠実・精緻に再現
これまで培ってきたものづくりや、社会インフラなどの豊富な知見を最大限に活用し、
高度なシミュレーションを行うことで、過去の再現や将来予測につなげます。

現場の知見を活かした「デジタルツイン」

デジタルツインイメージ

現実世界を精緻に写像した仮想空間上で、データの分析やシステムの監視を行い、異常や故障などを発生前に予知し、発生を回避、ダウンタイムを防ぎます。さらにはシミュレーションを使用して少し先の未来を予測することが可能となります。

刻々と変化する現場の状況を可視化したり分析したりするためには、現場の機器や製品で現実に起こった出来事を適切なデータモデルの上でデジタルに再現する必要があります。その際、現場での課題解決に役立つデータを選び出し、どのように集めて分析すべきかを見極めなければなりません。

東芝は、これまでの幅広い機器・製品のものづくり、運用、保守などを手掛け、実際の現場で得た経験を元に、実用性の高い「デジタルツイン」を構築・提供します。

AI技術を活用し
人の意図や状況とも結びつけて現実を反映

AI技術を活用

設備・機器・製品をつなげるだけではなく、それを利用する人の意図や状況とも結びつけることで、現場にとってより有益なデジタルツインが構築できます。

東芝は長年培ってきた、音声や画像、映像などの認識技術・AIを連携させ、モノだけではない、人と人とのコミュニケーションもサポートするIoTを実現します。

デジタルツインどうしが
つながることで
デジタルツインエコノミーを形成、
ビジネスや社会を大きく変えていく

東芝が目指すのは、ものづくりの現場をはじめ、エネルギー、社会インフラ、物流・流通、ビル設備など、
さまざまな産業領域で、AI技術を組み込んだデジタルツインどうしが地球規模で相互に連携し、
デジタルツインエコノミーを形成しビジネスや社会を大きく変えていくことです。
企業や業界を越えて連動することで、より俊敏で効率的な社会が実現できると考えています。

お問い合わせ東芝IoTについてのご質問など、
まずはお気軽にお問い合わせください。