SPINEXの特長

エッジコンピューティング

すべてのデータをクラウドに集めて処理するのではなく、エッジ(現場)とクラウドで協調分散処理
ネットワークの負荷を抑えながら、現場でのデータ処理と状態検知における即応性を高めます

現場データの即時処理を実現する
エッジコンピューティング

エッジコンピューティングイメージ

従来の「クラウドコンピューティング」に頼ったデータ処理では、高頻度に発生する多種多様なIoTデータのすべてをクラウドに集め、時系列の変化から一瞬の異常値を逃すことなく見つけ出すことは非常に難しい課題でした。

「エッジコンピューティング」では、機器やゲートウェイ側にもインテリジェンスをもたせることで、エンドユーザーに近い現場でも処理を実行。クラウドに上げるべきデータか、あるいは現場で処理すべきデータかを機器側で判断し、必要な情報のみをクラウドに送ります

ネットワークの負荷や通信の遅延を最小限に抑えるとともに、異常を検知した場合などはクラウド側でその状況を詳しく把握できるようにします。それにより、クラウド側では、複数の機器や各拠点からのデータを複合したデータ解析や、過去の膨大なヒストリカルデータを活用した処理を集中して実行することが可能になります。

また、現場でデータを処理することにより、お客さまのデータを保護することもできます。重要なデータは現場で処理したり、クラウドに送る前にマスキング処理をしたりすることができるようになります。機密情報を社外に出したくない、というお客様のご要望にも応えることができます。

現場で出来ることは現場で行うことで、
「即時性の確保」・「通信コスト削減」・「セキュリティリスクの低減」に貢献

刻々と蓄積されるビッグデータを迅速に処理。デジタルトランスフォーメーションにふさわしいIoTの構築を支援します。

エッジコンピューティングを実現する
IoTプラットフォーム

  • 「SmartEDAクラウドサービス」

    社会インフラや製造システムで数多くの実績を持つ東芝が開発した
    現場での処理にフォーカスしたIoTプラットフォーム

    SmartEDAイメージ

    現場の機器やゲートウェイ側で自律的にデータ処理を行う「SmartEDAエージェント」と、クラウドや工場、施設などの拠点でデータ収集やデバイス管理を行う「SmartEDAサーバー」で構成。インテリジェンスを備えた現場の機器とサーバーが互いにコミュニケーションをとり役割を分担することで、インダストリーに求められる高精度な監視と、フィールドに求められる通信の低コスト化を実現します。

    このような方におすすめ
    • 大量生産を行う製造ラインの機器の監視や異常検知
    • フィールド設備の遠隔保守やメンテナンス
    さらに詳しい情報はこちら
    SmartEDAイメージ
お問い合わせ東芝IoTについてのご質問など、
まずはお気軽にお問い合わせください。