東芝トップページ 本文へジャンプ
お問い合わせ

サイトマップ
サイト内検索
企業情報製品・サービス情報
東芝トップページ > 家電製品 Toshiba Living Doors > 調理器具 > コーヒーメーカー > HCD-L50M 東芝 家電製品

コーヒーメーカー カテゴリ別商品一覧五十音順商品一覧

コーヒーメーカー HCD-L50Mの写真

ホットコーヒーもアイスコーヒーも、挽きたての本格コーヒーが楽しめる。

HCD-L50M(K)
ブラック
オープン価格*
*オープン価格の商品は、希望小売価格を定めておりません。

ポイント1

コクとキレの2つの味が楽しめる、可変蒸らしドリッパー

可変蒸らしドリッパーのイメージイラスト
おいしいコーヒーを入れるためには、『蒸らし』の工程が大切です。サイフォンパイプの長さが可変式なので、お好みの味が楽しめます。

サイフォンを上げると…
サイフォンを上げた図●リッチテイスト
お湯の滞留時間が長くなって、深く「コク」のあるコーヒーが抽出できます。




サイフォンを下げると…
サイフォンを下げた図●ライトテイスト
お湯の滞留時間が短くなって、すっきり「キレ」のあるコーヒーが抽出できます。

ポイント2

挽きたてのおいしさ、ミル機能

ミル機能
飲むたびに挽けるので、新鮮な香りや風味を楽しめます。

コーヒー豆を挽くタイミングは?
コーヒー豆は挽いて粉にしてしまうと、空気との接触面が広がって急速に酸化し、香りが失われてしまいます。そのため、挽くタイミングは、抽出する直前が一番良いと言われています。

ポイント3

アイスも本格派、アイスバスケット

アイスバスケット
おいしいアイスコーヒーを入れるコツは、ドリップしたてのコーヒーを急冷すること。アイスバスケットは、氷を入れてボトルにセット、上からドリップされてくるコーヒーを急激に冷やすので、コーヒーの香りやうまみを逃しません。
(1)氷を入れる
ボトルにアイスバスケットをセットし、氷を入れます。
(2)アイス用目盛り
アイス用の目盛りに合わせて給水します。
(3)ドリップ
挽いたコーヒー豆をセットし、ドリップします。
(4)出来上がり
グラスに注いで、出来上がり。

ポイント4

キレイなお水で、おいしいコーヒーを味わう浄水フィルター

フェルト状の繊維活性炭で、水道水に含まれる残留塩素の約90%以上をカット*1。カルキがほとんど折り除かれたキレイなお水で、おいしいコーヒーが味わえます。
*1:原水濃度:1.01ppm 試験方法:塩素濃度1.0ppmの試験水500ml水タンクに入れて抽出し、浄水フィルターを通過してボトルに落下した湯の残留塩素濃度を測定する。

安全に関するご注意


このページの内容は平成17年9月現在のものです。
・外観・仕様は、改良のため変更する事がありますのでご了承ください。
・商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。


Toshiba Living Doors 東芝の家電
キッチン



お客様サポート

「Toshiba Living Doors」のトップへ このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社 個人情報保護方針 Copyright
東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。