東芝トップページ 本文へジャンプ
お問い合わせ

サイトマップ
サイト内検索
企業情報製品・サービス情報
東芝トップページ > 家電製品 Toshiba Living Doors > 冷蔵庫 > 300〜400リットル > GR-H38S 東芝 家電製品

ノンフロン3ドア冷凍冷蔵庫 カテゴリ別商品一覧五十音順商品一覧

GR-H38S 商品情報



GR-H38Sの写真

庫内の水分を逃がさず、鮮度長持ち。
[うるおいラップ野菜室]
[野菜室がまんなか]のレイアウト。
しかも少し低めの[ロータイプ]でラクに取り出せるから使いやすい。

容量 363リットル

ドア数 3ドア(片開きタイプ)

GR-H38S(S)
シルバー
GR-H38S(NP)
ピンクゴールド
オープン価格*
*オープン価格の商品は、希望小売価格を定めておりません。
*冷蔵庫を廃棄する場合には、家電リサイクル法に基づく収集・運搬料金、再商品化等料金(リサイクル料金)が必要になります。収集・運搬料金等は、各自治体・販売店によって異なります。

各部屋の定格内容積の図
各部屋の定格内容積*
(1)冷蔵室 197リットル
<157リットル 内・チルドルーム 12リットル>
(2)野菜室 82リットル <53リットル>
(3)冷凍室 84リットル <59リットル>
*:<>内は引き出し式貯蔵室の食品収納スペースの目安です。内容積の表記について、くわしくは東芝冷蔵庫総合カタログをご覧ください。

ポイント1

庫内の水分を逃がさず、鮮度長持ち。「うるおいラップ野菜室」

 
庫内の水分を逃がさず、鮮度長持ち
●うるおいラップ野菜室

野菜室と冷凍室をしっかり仕切ることで庫内の気密性を高くし、湿度をキープします。また、まわりから間接的に冷却することで、野菜に冷気が直接当たって乾燥するのを防ぎ、鮮度を守ります。
冷凍室からの温度影響をしっかり遮断し、乾燥を抑える

ポイント2

「野菜室がまんなか」のレイアウト。
しかも少し低めの「ロータイプ」でラクに取り出せるから使いやすい。

 
●野菜室がまんなか&ロータイプ

よく使う野菜室を、まんなかに。調理中でもかがまずラクに引き出せ、野菜をスムーズに出し入れできます。また、少し低めのロータイプなので、最上段の奥まで見渡せ、取り出しやすい設計です。
重たい野菜もかがまずラクラク ちょっぴり低めで使いやすい
イメージ図

ポイント3

大容量「うるおいラップ野菜室」 82L。
まとめ買いも気軽にできてたっぷり入る。

   
●大容量野菜室82L
大容量野菜室 たっぷり入る!82L*<53L> 買い物カゴ約2.5コ分入る!容量22Lのカゴを使用 2Lペットボトルも入る
※:15年測定方法(JIS C 9801-3:2015)に基づき測定。 <>内は食品収納スペースの目安です。
ポイント4

美しく使いやすい設計。「ガラス棚」採用

●掃除しやすい「ガラス棚」

傷がつきにくく汚れもサッとひと拭き。※写真はGR-610FV

※ガラス棚は、チルドルーム天井板のみです。

ポイント5

インバーター制御搭載。さらに「ecoモード」が見張って自動で省エネ。

   
●インバーター制御のコンプレッサーで高効率運転
庫内温度の変化をチェック、冷却環境をコントロールし、さらなる省エネを実現します。

●「ecoモード」が暮らしを見張って自動で省エネ。節電機能の設定でこまめに節電

 
※3:抑えめの運転をするために、食品保存に影響を及ぼさない範囲で庫内温度を約1℃〜2℃高めに設定します。冷蔵庫「中」設定での一日あたりの消費電力量から算出。(JIS C 9801-3:2015年)測定基準とは異なります。使用環境により節電効果は変わることがあります。※4:ecoモード通常運転と節電機能との比較。当社試験環境室において、以下の当社試験条件にて測定した値。条件:ビルトイン設置状態GR-H38Sにおいて。周囲温度30℃時。ecoモード通常運転:冷蔵庫「中」・冷凍室「中」設定。扉開閉なし。製氷運転あり。節電機能:節電機能設定。1.0kWh→0.9kWh。使用環境・機種により測定値は異なります。「節電機能」効果の測定条件は(JIS C 9801-3:2015年)測定基準とは異なります。

関連ページ

冷蔵庫 別売品


上手に選んで正しく使いましょう
年間消費電力量について
消費電力量表示値変更について
安全に関するご注意


このページの内容は平成28年9月現在のものです。
・外観・仕様は、改良のため変更する事がありますのでご了承ください。
・商品の色は、画面の具合で実物と若干異なる場合があります。


Toshiba Living Doors 東芝の家電
キッチン



お客様サポート

「Toshiba Living Doors」のトップへ このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社 個人情報保護方針 Copyright