東芝トップページ 本文へジャンプ
お問い合わせ

サイトマップ
サイト内検索
企業情報製品・サービス情報
東芝トップページ > 家電製品 Toshiba Living Doors > 住宅設備・業務用 > 詳細情報 東芝 家電製品
キッチン設備
IH調理器用の鍋やフライパンをお求めになるときは、財団法人 製品安全協会のマーク(SG-CH・IH)の表示のある鍋の購入をお勧めします。
【SG-CH・IH マーク】
SG-CH・IHマーク

SGマーク付の鍋を使用すれば、
空焼きや高火力のIHで使用しても鍋底が変形しにくい。
充分な火力が得られます。
【鍋への表示例】
鍋への表示例(シール) 鍋への表示例(刻印)
(シール) (刻印)
(ご注意)
SGマークが無いもので、IH調理器にも使用できますと表示している鍋やフライパンでは高火力が得られなかったり、鍋底が変形することがあります。鍋底が変形したものを使いますと、IH調理器の安全装置が動作せず、鍋底が赤熱したり、その状態に油を注ぐと発火するなどの事故の原因となることがあります。

適した鍋について
IHヒーターで使える鍋

◆鉄 ◆鉄ホーロー ◆鉄鋳物 ◆ステンレス(18-0、18-8、18-10)


底の直径が12〜26cmで、底の平らなもの
(中央部凹が3o以下)
3mm以下
18-8、18-10のステンレス鍋(一層)で鍋底の厚みが0.8mm以上の鍋は、火力が定格より少なめになる場合があります。
18-8、18-10の鍋でも、中にアルミ、銅をはさんでいるものは使えないものがあります。
多層鍋の中で、種類によっては発熱しないものがあります。
ホーロー鍋の種類(耐熱ホーロー以外のもの)によっては、空炊きすると底面のホーローが溶けて、トッププレートに焼き付くことがあります。
ハイラジエントヒーターで使える鍋

◆ステンレス ◆鉄 ◆銅・アルミ等の金属鍋


底の直径が14〜16cmで、底の平らなもの
(中央部凹が1o以下)
1mm以下
鍋底が平らで、厚手の鍋が最適です。
鍋底が凸凹している鍋は、トッププレートの接触が少なく、効率が悪くなります。
*100V用の鍋等を200V・高火力で使用した場合、ソリや変形が生じることがあります。


<<ひとつ前のページに戻る
<< Toshiba Living Doorsのトップへ ▲このページのトップへ

東芝ライフスタイル株式会社 個人情報保護方針 Copyright
東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。