[ ここから本文 ]

Tシリーズ カードサイズで2.4型。音楽も動画も、これからはこのスタイル。

・ボディ内部には、軽量で、耐久性の高いマグネシウム合金フレームを採用・画面が見やすい2.4型のQVGA液晶カラーディスプレイ・最大8GB(※1)のフラッシュメモリを内蔵

オプション 製品仕様


T401S T401 Ver.2.0

MET401S(W/R/KL) ホワイト/レッド/ブラック

T401S 4GB(※1)フラッシュメモリ

MET401 Ver.2.0(KL) ブラック

T401 Ver.2.0 4GB(※1)フラッシュメモリ

音楽約64時間(※2)(約960曲(※3))、動画約16時間(※4)収録可能。連続再生(※5):音楽約16時間(※6)、動画約5時間(※7) 音楽約64時間(※2)(約960曲(※3))収録可能、動画約16時間(※4)収録可能。連続再生(※5):音楽約16時間(※6)、動画約5時間(※7)
T802  

MET802(KL) ブラック

T802 8GB(※1)フラッシュメモリ

 
無線LAN機能を搭載。音楽約128時間(※2)(約1920曲(※3))収録可能、動画約32時間(※4)収録可能。連続再生(※5):音楽約16時間(※6)、動画約5時間(※7)  

主な特長

Design

ボディ内部には、軽量で、耐久性の高いマグネシウム合金フレームを採用。

いつでもどこでもお気に入りの音楽や動画を楽しみたいなら、こんな形に。わずか9.9mmを誇る薄型ボディは、どんなスタイルにもフィット。正面は一般的なカード類とほぼ同サイズのコンパクトサイズながら、2.4型の大画面を装備。ジャケットのシルエットもくずすことなく、スマートに身につけることができます。ボディ内部には、軽量で耐久性の高いマグネシウム合金フレームを採用。さらに、操作性も一段と進化しました。手にしたとき、指に緊張感を与えることなくコントロールできるよう、ボタンやキーがすっきり配置され、片手でもらくらく操作できます。“gigabeat Tシリーズ”なら、街を歩きながら、通勤電車のなかで・・・シーンを選ばずスマートに音楽や動画を楽しむことができます。
DISPLAY

画面が見やすい2.4型QVGA TFTカラー液晶ディスプレイ

スリムでコンパクトなボディでも、やっぱり動画だって楽しみたい。そんな贅沢も“gigabeat Tシリーズ”なら叶います。2.4型QVGA液晶ディスプレイを搭載。画面に鮮やかな動画と字幕をくっきり表示。320×240ドットの高解像度と最大約26万色もの色再現性の実現によって、保存した画像はもちろん、ビデオクリップなどの映像まで美しく再生します。さらにT401 Ver.2.0/T802においては、文字の大きさが「標準」「大」「特大」の3段階からセレクト可能。レイアウトや背景も一新し、見やすさが向上しました。

Sound

東芝独自の新H2Cテクノロジー

いつも持ち歩くお気に入りの音楽だからこそ、ピュアで本格的なサウンドがいい。“gigabeat Tシリーズ”は、ノイズを最小限に抑える回路設計にすることで、クリアな音質を実現しました。さらに東芝独自の<新H2Cテクノロジー(※8)>搭載で、WMAやMP3への圧縮でカットされた高音域を元のCD音源に近づける「Professional」モードと、高音域の補完に加え低音域を強調した迫力のサウンド再生を実現する「Dynamic」モードを選択できます。楽曲それぞれに合った音質表現を可能にした“gigabeat Tシリーズ”。ライトユーザーからヘビーユーザーまで、こだわりのサウンドを楽しめるプレーヤーです

Memory&Battery

4GB(※1)のフラッシュメモリを内蔵

旅行や長時間の移動に、お気に入りの音楽や動画を途切れることなく楽しみたい。フラッシュメモリが4GB(※1)内蔵されている“gigabeat T401S/T401 Ver.2.0”なら、約960曲(128kbps、1曲4分の場合)、8GB(※1)内蔵されている“gigabeat T802”なら、約1,920曲(128kbps、1曲4分の場合)の保存が可能。音楽なら最長約16時間(※5)(※6)、動画なら最長約5時間(※5)(※7)連続再生できるスタミナ充分のバッテリーにより、お気に入りの曲やビデオを、たっぷり取り込んで、通勤・通学時や、長時間のお出かけのときでも、“gigabeat Tシリーズ”で心ゆくまで楽しむことができます。また、フラッシュメモリの採用により、音飛びがしにくく、アウトドアやスポーツシーンでも音楽のある時間を過ごせます。

Wireless LAN T401のみ

先進の無線LAN機能を搭載(T401のみ)※9

最新ニュースや話題のアーティスト情報を気軽にダウンロードしたい。<無線LAN機能(※9)>を搭載した“gigabeat T401 Ver.2.0/T802”なら、家庭やオフィスなどの無線LANアクセスポイントから、パソコンなしで直接インターネットに接続(※10)。さらに「AirStation(TM)(※11)」を利用すると、「AOSS(TM)(※11)」で無線LAN環境の設定もかんたんに。多様なジャンルのポッドキャスト(※12)番組をダイレクトにダウンロード。最新の情報を更新できます。日本全国に張りめぐらされたブロードバンド・インフラを活用した「公衆無線LANサービス」にも対応しているので、gigabeat片手に「BBモバイルポイント」「ホットスポット」「Mzone」のステッカーがあるお店に行き、ワイヤレスでネットへアクセスすることも。同時に動画配信サービスにも対応し、今なら、エンターテイメント性の高いラインナップが揃った「GyaO for gigabeat(※13)」で、好きな番組をストリーミング視聴することができます。

ポッドキャスト ポータルサイト ご紹介ページ
公衆無線LANサービス ご紹介ページ
Data Link

Windows Media(R) Player 10/11を使用

コンテンツの転送には、ほとんどのWindowsパソコンに搭載のWindows Media(R) Player 10/11を使用。パソコンに取りこんだ音楽や動画、写真などお気に入りのライブラリーを“gigabeat Tシリーズ”に転送し、どこへでも気軽に持ち出せます。気になるアーティストの音楽は、話題の定額制音楽配信サイトからダウンロード。また、Windows Media(R) DRM に対応しているので、さまざまな音楽・動画配信サービスも利用できます。さらに、USBマスストレージ(MSC)やPTP対応のデジタルカメラと直接つないでフォトデータを転送すれば(※14)、Tシリーズ本体での美しい画像も再生できます。多彩なコンテンツを、パソコンやインターネットから“gigabeat Tシリーズ”へ。エンターテイメントの楽しみが、いっそう拡がります。

Windows Media(R) DRM 10による音楽配信に対応

今後ますます広がる映像や音楽の定額配信サービスに対応。Windows Media(R) Player 10を使用することでWMA、MP3、WAVによる音楽、JPEG形式の静止画と、多彩なフォーマットの再生に対応します。

楽しさ広がる新機能 gabeat T401/T802ファームウェア アップデートツール 2.1とgigabeatアシスタントについて

ソフトウェアのアップデート(ファームウェアアップデートツール2.1・gigabeatアシスタント)を行うと、 従来の機能に加えて、新機能として以下の4つの便利な機能が加わります。

公衆無線LANサービスとの接続を追加

新たに「エアポートネット」や「フレッツ・スポット」、「livedoor Wireless」などの 公衆無線LANサービスにも対応。gigabeatの無線LAN機能を楽しめるスポットがさらに広がります。

「ニュース&ブログ」機能の追加

インターネット上でRSS配信サービスをしているニュースサイトや ブログサイトをgigabeatに登録して、ニュース記事やブログなど(RSSフィード)を読むことができます。

「PC無線接続」機能の追加

無線LANでWindows Vista(R)がインストールされているパソコンと 接続できます。接続後はWindows Media Player 11を使って、 音楽データ、フォトデータ、ビデオデータをgigabeatへ転送できます。

「gigabeatアシスタント」での簡単番組登録

パソコンを使って、ポッドキャスト番組やRSSフィードのアドレスの登録が 簡単にできるアプリケーションソフト「gigabeatアシスタント」で、さらに使いやすくなります。

これらの新機能やアプリケーションソフトはダウンロードサービスからソフトウェアを入手することができます。
注意事項など、詳しくは以下をご覧ください。

gigabeat T401 Ver.2.0/T802をご愛用のお客様へ<T401/T802 ファームウェア アップデートツール 2.1とgigabeatアシスタントのご案内>
※1:  本製品に搭載されているフラッシュメモリの容量です。1GB(ギガバイト)を230=1,073,741,824バイトで計算した場合の数値。実際に音楽などのコンテンツの保存に利用できる容量は、表記の容量より少なくなります。また、あらかじめ基本ソフトウェア、アプリケーションまたはコンテンツがプレインストールされているため、空き容量はより少なくなります。
※2: WMAまたはMP3フォーマット/128kbps。
※3: WMAまたはMP3フォーマット/128kbps。1曲4分間のオーディオデータを収録した場合。
※4: WMVフォーマット/500kbps。
※5: フル充電にし、常温(25℃)、工場出荷時の音量の場合。これらの連続再生/視聴時間は、使用条件、使用周囲温度、内蔵電池の充電繰り返し回数などによって変わるため、あくまで目安であり、保証する時間ではありません。使用条件の範囲内でも低温の環境で使うとこれらの連続再生時間は短くなります。
※6: 128kbps 44.1kHzのWMAオーディオデータ、 バックライト非点灯の場合。H2C Technologyを使用しての再生およびWAVオーディオデータやWMA9 Losslessの再生は消費電力が大きくなるため、MP3やWMAに比べて連続再生時間が短くなります。
※7: 明るさ設定3(工場出荷時の設定の場合)。 500kbpsのWMVビデオデータの場合。Windows Media(R) DRM10で保護されたコンテンツを除く。
※8: High Order Harmonics Compensation Technology 国立大学法人 九州工業大学HIT開発センターと東芝が共同で開発した音質改善技術。H2C Technologyによる再生は、消費電力が大きいため、Harmonicsオフに比べて再生可能時間が短くなります。
※9: 公衆無線LAN接続については、別契約が必要な場合があります。
※10: ネットワーク環境によっては接続できない場合があります。
※11: AirStation、AOSSは株式会社バッファローの商標です。
※12: ポッドキャストとは、RSS(Really Simple Syndication)の技術を利用したコンテンツ配信のサービスです。好きなポッドキャストのサイトに接続し、コンテンツをダウンロードできます。
※13: 「GyaO for gigabeat」の動画配信サービスは、期間限定となります。
※14: デジタルカメラとの接続には、USB変換ケーブル(市販品)が必要です。Aコネクタメス-ミニAコネクタオスのUSB変換ケーブルをお買い求めください。すべての機器での動作を保証するものではありません。

このページのトップへこのページのトップへ