お問い合わせ
サイトマップ
grayline
  • 水中ビークルの概要
  • 仕様
  • 特長
  • ビークルの様式
  • 適用実績
水中ビークル 炉内遠隔駆動装置

東芝の小型で多用途なビークルは、
様々な部位の目視検査に対応します。

原子炉内で検査や補修を行うときには、水中(もっとも深いところで30m)で、しかも狭い場所にも移動する必要があります。炉内の任意の位置に精度良くアクセスでき、目的に応じた幅広い付属品のラインアップ(耐放射線性カメラ、グリッパー等)で広範囲に適用できます。

・取り扱いが簡単
・用途に応じた最適な動きに設定可能
・映像の位置や大きさの測定が可能
・コンパクト
・目的の場所に直接アクセスできる
フラットビークル
フラットビークル
スモールビークル
スモールビークル
実施例
grayline