Japan
お問い合わせ
サイトマップ
grayline
原子力水素製造

化石資源の枯渇と地球温暖化が顕在化する中にあって、
水素は水からできて水に戻るリサイクル可能で
クリーンなエネルギー媒体です。

水素需要は燃料電池の普及に伴って拡大し、
近い将来、家庭にも深く浸透すると考えられます。
水素を製造するためには、熱や電気エネルギーが
必要となりますが、そのエネルギー源として
二酸化炭素を出さない原子力エネルギーを利用します。

東芝は原子力プラントメーカとして
長年培ってきた幅広い技術力を結集し、
将来の水素社会に向けて、
様々な原子炉運転温度に適した
水素製造方法の開発に取り組んでいます。
原子力炉運転温度に適した水素製造の開発
DME改質法  高温水蒸気電解(HTE)法  IS法 
Map Map Map

ジメチルエーテル(DME)改質法の原理と特徴

DME改質法は軽水炉から得られる280℃程度の熱でジメチルエーテルを改質する水素製造方法。ジメチルエーテルの普及に併せて開発を推進。

ジメチルエーテル(DME)改質法の原理

HTE法の原理と特徴

HTE法は原子炉で作られた水蒸気を電解することで水素を製造する方法。発電した電気で水の電気分解を行うよりも高い効率が得られる。

HTE法の原理

ヨウ素-硫黄法(IS法)の原理と特徴

IS法は熱のみよって水から水素を製造する方法。硫酸やヨウ化水素等の強酸が使われる。高温ガス炉と組合せた開発が世界で行われている。
ヨウ素-硫黄法(IS法)の原理

grayline