お問い合わせ
サイトマップ
grayline
統合保全

日本の電力のベースロードを担う
原子力プラントは、電力の安定供給と
二酸化炭素放出の抑制の観点から、
安定運転がますます求められています。

そのためには、原子力プラントの設備検査や
補修などの保全が重要で、
東芝は、様々な保全技術を開発し、
適用してきました。

とくに、大型設備などの保全には、
日数のかかるものも多いことから、
一時期に集中させることにより、
効率良く実施する
統合保全を進めています。

統合保全

様々な個別の保全技術も含め、メンテナンスプログラムを一時期に集中させることにより、効率的な保全計画を実現。

タービン設備改良
タービン設備改良
性能の良いタービン設備への交換
hozen07 レーザピーニング
レーザピーニング
金属表面をレーザでたたいて、
割れにくくする予防保全技術
  一時期にまとめて
効率良くできます
 
PLR電源のインバーター化
PLR電源のインバーター化
大型ポンプの駆動電源の
インバーター化により効率アップ
hozen06 シュラウド取替
シュラウド取替
大型の炉内構造物を一式交換
grayline