Toshiba本文へジャンプ

東芝燃料電池システム株式会社

環境経営基本方針

東芝燃料電池システム株式会社 環境経営基本方針

東芝燃料電池システム株式会社は、環境調和型製品として燃料電池システムを開発し、市場に供給することにより、地球温暖化防止を積極的に進めるとともに、製品製造プロセスにおける環境負荷の低減を図り社会に貢献します。
「“かけがえのない地球環境”を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現在を生きる我々の基本的責務」という認識に立ち、東芝グループ環境ビジョンのもと、「エネルギーの安定供給」と「より良い地球環境の実現」に向けて貢献します。

  • 1.環境への取り組みを経営の最重要課題の一つとして位置付け、経済と調和させた環境活動を推進します。
  • 2.エネルギー機器を供給するという当社の事業活動に関わる環境側面について、生物多様性の保全を含む環境影響を評価し、環境負荷低減や汚染の予防に努めます。また、環境マネジメントシステムの継続的改善を図り、環境パフォーマンスの質的な向上を目指します。
  • 3.燃料電池システムの開発設計段階から保守サービスまで、次の活動に取り組み、製品のライフサイクルを通して地球温暖化防止と環境負荷の低減に貢献します。
    • (1)将来の水素社会に向けた純水素燃料電池システムの開発・製造・保守
    • (2)燃料電池システムの使用材料削減、小型化、高性能化による省資源・省エネルギー化
    • (3)長寿命・再利用が可能な部品の採用や材料技術開発などによる3Rの推進
    • (4)化学物質の適正な管理、排出量の削減、環境負荷の小さい物質への代替化
    • (5)生産プロセスにおける地球温暖化物質及び廃棄物の排出量削減
    • (6)5Sによる「見える管理」の実践による、環境リスクや事故の「芽」の摘み取り
  • 4.当社の環境側面に関する最新の法令、指針及び自主基準などを遵守します。
  • 5.当社で働くまたは当社のために働くすべての人及びその家族の環境意識をより高め、全員で環境活動に取り組むと共に、地域・社会との協調を図り、積極的な情報開示とコミュニケーションを行います。

2017年6月19日 環境経営責任者

ページトップへ