Toshiba本文へジャンプ

東芝燃料電池システム株式会社

保守

エネファームは、定期的な保守点検が必要ですか?また、点検時期の間隔と点検時間は、
どのくらいですか?使用期間はありますか?開く

Aエネファームの安全で安定した運転を維持するためには、定期的な保守業務が必要となります。当社製品の場合は、定期点検の間隔は2年(TM1-Z型)、3.5年(TM1-AD/AE型)、5.2年(TM1-AG型)です。また発電を停止することなく定期点検を行うことができるため、その作業時間は30分程度で完了します。型名がご不明な場合は、ご購入の販売店にお問い合わせをお願いいたします。
なお、本システムは点検を目的として、通電を開始してから約10年経過後に運転を自動停止する設計となっております。(本システムの設計上の標準使用期間は10年間となっています。)
点検の必要を知らせるアラームや未点検のため停止した旨のアラームが表示されましたら、ご購入先にお問い合わせをお願いいたします。

ガス漏れ検査などガス設備の定期点検を受けるにあたり何か注意することはありますか?開く

Aガス設備の定期点検等を実施する場合は、事前に(少なくとも点検の1.5時間前までに)、エネファームの発電を手動停止させてください。停止方法は、台所リモコンまたは貯湯ユニットによって行います。 点検終了後は手動停止を解除し、発電モードを自動にしてください。学習制御に従って自動運転に移行します。
詳しくはガス事業者さまにご相談ください。

エネファームの製造・販売を終了するという事ですが、すでに購入したエネファームの
修理は継続してもらえるのでしょうか?開く

Aエネファームの保守・サービス体制は今後も継続致します。ご購入されましたガス会社にご相談ください。

10年保証はどうなるのでしょうか? きちんとやってくれるのでしょうか?開く

A従来と変更はありませんのでご安心ください。

問い合わせ先

● その他のご質問は、お問い合わせフォームから個別に対応させていただきます。

ページトップへ