Toshiba本文へジャンプ

東芝燃料電池システム株式会社

燃料電池のしくみ

どうやって電気をつくるの?

燃料電池は、都市ガスやLPガスなどから取り出した水素と空気中の酸素を利用して、水の電気分解の逆の化学反応により直接電気へ変換し、発電するシステムです。
電気を使う場所で発電するので送電で発生する無駄がありません。また、従来の発電方式では捨てていた、発電の際に発生する熱もお湯として利用できるので、エネルギーを効率よく使えます。
同じ量の電気と熱を使う場合、これまでよりCO2の排出が少なくなります。
更に、音も静かで、排気もクリーンな、環境に配慮した発電装置です。

電気をつくる仕組み

燃料電池システムの構成を見てみよう

都市ガスやLPガスから水素を取り出し、酸素と反応させて発電します。
同時に発生する熱でお湯も沸かして給湯できるから、効率的です。

燃料電池システムの構成図

先進技術の結晶 燃料電池の将来性

燃料電池は大規模な発電施設から自動車や家庭用の発電機器にいたるまで、さまざまな場所や用途での動力源として日々技術開発と普及に向けて取り組んでいる夢のエネルギーです。

  • H2 Oneの写真H2One 自立型水素エネルギー供給システム
  • H2 Omegaの写真H2Omega 大容量水素電力貯蔵システム
水からうまれ、水にかえる。TOSHIBA Hydrogen Energy

詳しくは、
東芝が目指す水素社会ページ別ウィンドウで開きますをご覧ください。

ページトップへ

別ウィンドウマークマークが付いたリンクは、別ウインドウで開きます。