東芝トップページ   東芝燃料電池システム株式会社   お問い合わせ
ホーム 会社概要 製品 よくある質問の回答 リンク 採用情報
会社概要
燃料電池とは
燃料電池の構成
操作方法
仕様
自立発電機能とは
カタログのダウンロード
 
燃料電池とは
燃料電池は、都市ガスやLPガスなどから 取り出した水素と 空気中の酸素を利用して、水の電気分解の逆の化学反応により直接電気へ変換し、 発電するシステムです。
電気を使う場所で発電するので送電で発生する無駄がありません。また、従来の発電方式では捨てていた、発電の際に発生する熱も お湯として 利用できるので、エネルギーを効率よく使えます
同じ量の電気と熱を使う場合、これまでよりCO2の排出が少なくなります
更に、音も静かで排気もクリーンな、環境に配慮した発電装置です。
 
燃料電池とは概要図
 
水の電気分解の逆
水の電気分解の逆概要図
 
エネルギーを効率よく使える

電気だけでなく、お湯も作る燃料電池システムは、排熱を利用せず送電ロスが発生する従来の発電システムに比べ、より効率よくエネルギーを利用できます。
遠方で発電して電気を運ぶより、電気を使う場所で発電すれば、無駄を少なくすることができます。

 
従来システムとエネファームの1次エネルギー利用効率比較
 
エネファームのCO2削減効果は年間約1.5トン
暮らしの中で取り組めるさまざまな環境対策の中で、エネファームによるCO2の削減は圧倒的なまでに大きな効果を上げることができます。
家庭でできるCO2削減量の比較(年間)
 
 
(※4)音が静か
燃料電池は運転中も図書館並みの静けさです。

騒音レベル 30dB 40dB 50dB 60dB
身近な音 ささやき声 ・図書館
・静かな住宅地の昼間
・静かな事務所
・携帯電話着信音
・普通会話
・普通車通過音
・エアコン室外機
  ↑燃料電池の音(38dB以下)
 
(※5)排気がクリーン
従来の燃焼による発電方式と異なり、水素と酸素の化学反応により発電するため、酸性雨の原因となる大気汚染物質(NOx、SOx)は殆ど発生しません。
 
  このページのトップへ
東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright
東芝グループは、持続可能な地球の未来に貢献します。