Toshiba本文へジャンプ

東芝燃料電池システム株式会社

欧州地域における家庭用燃料電池システム事業の参入について
− 欧州の大手暖房機器メーカー傘下の開発会社と提携 −

2014年3月14日

東芝燃料電池システム株式会社

当社は、欧州での家庭用燃料電池システムの普及拡大に向けて、この度、欧州の大手暖房機器メーカーである「BDRサーメア社(BDR Thermea 以下、BDR社)」のグループ開発会社「バクシィ・イノテック社(BAXI Innotech、以下、BI社)」と、家庭用燃料電池システムの開発および販売について提携しました。BI社とはこれまで約2年間にわたり共同でプロト機の設計・試験を行うなど協業に向けた検討を進めてまいりました。今般、同社と欧州地域向け製品の共同開発を進め、2014年度中の市場投入を目指します。

BI社は、ドイツの家庭用燃料電池システムの実証試験プロジェクトで50%以上のシェアを有するなど、欧州における家庭用燃料電池システムのトップメーカーです。今回の提携により、当社は、国内で実績のある家庭用燃料電池システム「エネファーム」をベースに欧州向けに開発する燃料電池ユニットを提供し、BI社は、貯湯・給湯・全体制御システムなど、組立を含めたシステム全体を手掛け、新製品の共同開発を行います。
また、販売面においてもBI社と協業し、ドイツ国内をはじめ、欧州各国に多くの拠点を持つ同社の親会社であるBDR社の販売網を通じて、当社の燃料電池システムを搭載した製品を展開していきます。

欧州では、火力発電や原子力発電などの基幹電源のほか、太陽光や風力などの再生可能エネルギーと並び、家庭用燃料電池システムなどのコジェネレーション・システムの普及拡大が期待されています。普及に向け政府が実証事業を積極的に展開するなど、家庭用燃料電池システムとして、2020年に約8万台の市場規模注1が見込まれています。

当社は、これまで大規模実証事業等で蓄積した実用化技術をベースに、「エネファーム」の高性能化・高耐久化・低コスト化に取り組み、日本国内で累計約3.5万台注2の「エネファーム」を、ガス会社を中心に出荷してきました。今回、欧州企業と提携し、当社の燃料電池の技術力と製品力、BI社のシステム構築力というお互いの強みを生かすことで、今後、日本国内のみならず、欧州市場でも当社の燃料電池システムの普及拡大を図ります。

  • 注1 当社調べ
  • 注2 2014年1月末時点

BI社の概要

代表者 Sten Daugaard-Hansen
設立 2000年2月
所在地 ドイツ、ハンブルグ
事業内容 家庭用燃料電池の開発、製造、販売

BDR社の概要

代表者 Rob van Banning
設立 2009年
所在地 Apeldoorn, the Netherlands
従業員数 約6,400名(2013年)
事業内容 暖房、給湯関連の製品の開発、製造、販売

以上

ページトップへ