パワフル発電の東芝

太陽電池モジュール Sシリーズ(360W・265W)

360W・265W太陽電池モジュール

変換効率とは、太陽電池モジュールが太陽光をどのくらい電力に変換できるかを表した数値です。
限られたスペースに太陽電池モジュールを設置した場合、変換効率が高いほど、たくさん発電します。

ポイント1

バックコンタクト方式

高い発電効率
「バックコンタクト方式」を採用。

モジュールの表面にある電極は、太陽光をさえぎる障害となります。そこで東芝は表面から電極をなくし、すべて裏面に設計する「バックコンタクト(裏面接続)方式」を採用。P型電極とN型電極を交互に配置し、電極が混在する部分の面積を増やしています。これにより、電子のやりとりがスムーズになり高い発電効率を実現しています。

ポイント1 ポイント1

バックコンタクト方式により、

朝や夕方のわずかな光でも発電に活かします。

Sシリーズのモジュールは、朝や夕方、雨天時など日射量の少ないときでも、
優れた出力特性によって、エネルギーを生み出すことができます。

東芝モジュールにおける電流電圧特性

さらに、暑さに強い発電性能

気温の高い地域や夏の高温下では、太陽電池モジュールの変換効率は温度上昇によって低下します。
しかし、新Sシリーズは、従来型Sシリーズに比べて、さらに暑さに強いつくりになっています。

高温高湿試験8000時間の出力低下は10%以下

Sシリーズでは、IEC認証基準1000時間を大幅に超えた、8000時間にも及ぶ高温高湿試験を実施。8000時間後も出力低下率10%以下という、長期信頼に応える結果を出しています。

ポイント2

太陽の光を有効利用

太陽の光有効利用
「ARコート※7」「反射防止膜」「反射膜」を採用。

反射による光の損失を最小限に抑えるため「ARコート※7(反射低減コート)」を採用。
それに加え、セル表面に「反射防止膜」を設け、セルにしっかり太陽の光を取り込むことを可能にしています。
さらに裏面にある「反射膜」のミラー効果により、光の発電効率を増大させています。

太陽の光を有効利用 太陽の光を有効利用

ポイント3

2020年のモジュール変換効率の技術達成目標を、現時点で達成。

実用モジュールのモジュール変換効率の技術達成目標は、2020年に「20%」とされています。 東芝のSシリーズ360W、265W、250Wモジュールは、すでにこの目標を達成しています。

2020年のモジュール変換効率の技術達成目標を、現時点で達成。
限られた屋根スペースでより多く発電

Sシリーズモジュールの2ラインアップ

360W※3モジュールと265W※3モジュールを組み合わせるとセル2段分の長さで調整可能

高効率95%のパワーコンディショナをラインナップ。

2サイズのモジュールを組み合わせることで、様々な屋根に効率よく設置し、より多くの発電量を可能に。
台形やハーフサイズモジュールを使わなくても設置容量を大幅にアップ。

。 。
世界トップレベルの発電力で10年後大きく差をつけましょう!

面積あたりの発電量が多いので、限られたスペースでもたっぷり発電。
日本の屋根にぴったりです。

。 。 安心の長期保証
私が太陽光発電システムを導入した理由
自慢の息子が選んだ、東芝の太陽光発電は我が家の自慢です!

自慢の息子が選んだ、東芝の太陽光発電は我が家の自慢です!

太陽光発電に最初に興味を示したのは、高校生の息子でした。建築に興味のある息子がインターネットで太陽光発電を調べて、私に説明してくれるうちに私もその気に。販売店さんに相談してみると、私と息子が不安に思っていることを丁寧に説明してくれて、安心して設置を決めました。

続きはこちら

太陽光発電のために設置したカーポート
東芝の太陽光発電だからこそ、希望の条件を満たせました!

東芝の太陽光発電だからこそ、希望の条件を満たせました!

今回の販売店さんからは「東芝の345Wのパネルなら効率よく設置できますよ」と提案を受け、実際に現場を調査してもらい、345Wの太陽光パネルがぴったり9枚設置できることを確認。なんと、他社ではできない3kW超えが実現できたんです。

続きはこちら

せっかくスペースがあるなら、太陽光を有効活用!
コンパクト&軽量 スマートなデザイン 10年先の発電力の違い

※1 〈Sシリーズ〉SPR-X22-360と〈パワーコンディショナ〉TPV-PCS0400Cの組み合わせについて、総合変換効率21.3%。一般の市場に商品として流通している量産レベル(実験レベルは除く)の住宅用太陽光発電システムにおける当社調べ。2018年3月1日現在。

※2 SPR-X22-360について。一般の市場に商品として流通している量産レベル(実験レベルは除く)の住宅用太陽光発電システムにおける当社調べ。2018年3月1日現在。

※3 公称最大出力であり、JIS C 8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/u、モジュール温度25℃での値です。

※4 モジュールの変換効率はモジュール公称最大出力[W]×100/(モジュール面積[平方メートル]×1000[W/平方メートル])の計算式から算出しています。

※5 〈Sシリーズ〉SPR-X22-360、SPR-X21-265、SPR-E20-250のシステムが対象です。長期保証にはお申込みが必要です。(販売店にお問い合わせください)

※6 太陽電池モジュールの変換効率、出力特性、出力低下率の値は当社測定データに基づくものであり、実際の使用における性能を保証するものではありません。

※7 Anti-Reflective Coated:ARコートはガラス表面の屈折率を下げ、反射損失を抑えます。

※8 2014年度当社従来機種VシリーズLPV-200E-BLK-JとSシリーズSPR-X22-360との比較。

※9 システムの容量はJIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値です。

※10 JIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値となるシステム容量の差の値です。

※11 横桟方式屋根架台を使用することで縦配置及び縦横混合配置が可能となります(Sシリーズのみ)。同架台の対応屋根材はスレート屋根のみとなります。

※12 設置時の太陽電池モジュールの総面積(MXシリーズTMX-205P-WHT-Jの205Wは24.62u、SシリーズSPR-X21-265の265Wは24.88u、SPR-X22-360の360Wは24.46u)です。

※13 使用した数値は目安であり、天候条件、モジュールの汚れ、経年劣化は考慮していません。

※14 10年間の発電量の差を、一般家庭の平均年間電力消費量 4,789kWhで割った値。(出典:一般社団法人 太陽光発電協会「太陽光発電協会表示ガイドライン(平成29年度)」別窓が開きます

●太陽電池モジュール毎の色味が異なる場合があります。

●画像はイメージです。

03-5352-7657

03-5352-7623

東芝住宅用太陽光発電システム ご相談センター<受付時間>9:00〜17:00(祝日、年末年始を除く)
個人・法人のお客様窓口 03-5352-7657
販売店様・施工店様他の窓口 03-5352-7623