パワフル発電の東芝

表示器/インテリジェントステーション™・インテリジェントステーション™ Type H

タッチパネルでかんたん操作。発電状況と電力の流れをひとめで確認。

太陽光発電システムの稼働状況を収集し、「発電」「消費」「売電」「買電」「実績」などの情報に加え、インテリジェントステーション™ Type Hはハイブリッドパワーコンディショナやパワーコンディショナの運転状況などが確認できます。

インテリジェントステーション™

インテリジェントステーション™(出力制御対応※6※7

TPV-MU3P-SET ※1※2
希望小売価格112,500円(税抜)

カラー表示ユニット(TPV-MU3-D)、計測ユニット(TPV-MU3P※5-M)、付属品が含まれます。
*カラー表示ユニット(TPV-MU3-D)の保証期間は設置完了日から1年間です。

パワーコンディショナ対応機種(※2)接続イメージ
TPV-MU1P-SET

現在の発電量が
ひとめでわかる!

その日の電力状況を
時間ごとに表示!

日間・月間・年間の
実績をチェック!

部屋ごとの消費電力を
見える化!※3

節約目標が
設定できる!

パワーコンディショナの
運用履歴を表示!

画面表示は選べる3パターン

シンプルで大きなアイコン

電力の流れをバルーンで表示

お好みの写真を背景に設定

タッチパネルで
かんたん操作

最大3台※4まで
増設可能

実績データを
SDカードに保存可能

※データはCSV形式です。
※本製品にはSDカードは付属されていません。

余剰・全量どちらの買い取り方式にも対応
(インテリジェントステーション™)

外部発電機(エコウィル・エネファームなど)から
供給される発電電力も計測可能(最大1入力)※3

分岐ブレーカーの電力計測に対応。
(最大6入力)※3

※出力制御ルールについては、製品紹介ページをご確認ください。
※出力制御適用地域は、一般送配電事業者からの出力制御をする際に別途インターネット環境が必要になります。くわしくは販売店にお問い合わせください。
※一般送配電事業者による出力制御開始前までに、必要な通信環境の準備、インテリジェントステーション™ Type H・インテリジェントステーション™のソフトウェアアップデート、出力制御に必要となるインテリジェントステーション™ Type H・インテリジェントステーション™の設定作業の対応が必要な場合がありますので、販売店とご相談し対応をお願いいたします。(機器の設置作業やソフトウェアアップデート対応には、追加費用〈出張費用、追加作業費用等〉が発生する場合があります。)

インテリジェントステーション™ Type H

住宅用太陽光ハイブリッド蓄電システム専用

インテリジェントステーション™ Type H(出力制御対応※6※7

TPV-MU3B-SET※1
希望小売価格140,000円(税抜)

カラー表示ユニット(TPV-MU3-D)、
計測ユニット(TPV-MU3B-M)、付属品が含まれます
*カラー表示ユニット(TPV-MU3-D)の保証期間は設置完了日から1年間です。

パワーコンディショナ対応機種(※2)接続イメージ
TPV-MU1B-SET

その日の電力状況を
時間ごとに表示!

日間・月間・年間の
実績をチェック!

部屋ごとの消費電力を
見える化!※3

節約目標が
設定できる!

パワーコンディショナの
運用履歴を表示!

画面表示は選べる3パターン

シンプルで大きなアイコン

電力の流れをバルーンで表示

お好みの写真を背景に設定

タッチパネルで
かんたん操作

最大3台※4まで
増設可能

実績データを
SDカードに保存可能

※データはCSV形式です。
※本製品にはSDカードは付属されていません。

余剰買い取り方式専用
(インテリジェントステーション™ Type H)

分岐ブレーカーの電力計測に対応。
(最大6入力)※3

外部発電機(エコウィル・エネファームなど)から供給される発電電力も計測可能(最大1入力)※3

※出力制御ルールについては、製品紹介ページをご確認ください。
※出力制御適用地域は、一般送配電事業者からの出力制御をする際に別途インターネット環境が必要になります。くわしくは販売店にお問い合わせください。
※一般送配電事業者による出力制御開始前までに、必要な通信環境の準備、インテリジェントステーション™ Type H・インテリジェントステーション™のソフトウェアアップデート、出力制御に必要となるインテリジェントステーション™ Type H・インテリジェントステーション™の設定作業の対応が必要な場合がありますので、販売店とご相談し対応をお願いいたします。(機器の設置作業やソフトウェアアップデート対応には、追加費用〈出張費用、追加作業費用等〉が発生する場合があります。)

私が太陽光発電システムを導入した理由
東芝の太陽光発電と蓄電池で電気の自給自足を目指しています!

東芝の太陽光発電と蓄電池で
電気の自給自足を目指しています!

売電を目的にしてしまいがちな太陽光発電。でもわが家の考え方は違うんです。 『電気を作って、貯めて、使う』。そう、家庭で電気を自給自足するために、使うエネルギー量を自分の家で作れる量に合わせていく努力をすることが、 本当の節電だと考えているんです。

続きはこちら

トータルで56,501円のメリット

【TPV-MU3P-SET(インテリジェントステーション™)】

出力制御適用(適用地域:九州電力、四国電力、沖縄電力(2018年12月時点))

*本機は余剰電力買取制度と全量買取制度に対応した製品です。余剰電力買取制度でご使用の場合は、パワーコンディショナの組み合わせの定格出力の合計が20kW以内の場合に表示が可能です。全量買取制度に使用する場合は、パワーコンディショナの組み合わせの定格出力合計が35.4kW未満です。

*パワーコンディショナは最大6台まで接続可能です。

*外部発電機(エコウィル・エネファームなど)から供給される発電電力も計測できます(最大1入力)。エコウィル、エネファームなどの外部発電を計測するには、別売の主幹/外部発電機用電流センサ、外部発電機用電流センサケーブルが必要です。分岐計測には、別売の分岐計測用電流センサ、分岐計測用電流センサケーブルが必要です。

*カラー表示ユニットは合計3台まで接続可能です。くわしくは販売店にお問い合わせください。

 

【TPV-MU3B-SET(インテリジェントステーション™ Type H)】

*住宅用太陽光発電ハイブリッド蓄電システム専用です。

*本機は余剰電力買取制度に対応した製品です(全量買取制度には対応していません)。

*パワーコンディショナの組み合わせの定格出力の合計が20kW以内の場合に表示が可能です。

*TPV-55HY3-M3-AまたはTPV-55HY3-M3-Bを含む複数台連携時は、TPV-PCS0**0B、TPV-PCS0**0B1、TPV-**M、TPV-**M1、TPV-**M-J4、TPV-**M1-J4、TPV-**M2-J4、TPV-59R-M4、TPV-59R1-M4との接続ができます。最大6台まで接続可能です。(ただし、そのうちハイブリッドパワーコンディショナは2台まで)

*カラー表示ユニットは合計3台まで接続可能です。くわしくは販売店にお問い合わせください。

*TPV-PCSO**0Cを接続する際は、計測ユニット(TPV-MU3B-M)のアップデートを実施してください。くわしくは販売店にお問い合わせください。

 

※ 画面はおもにインテリジェントステーション™のものを使用しています。

※1 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力、淡路島南部地域を含む出力制御適用地域に設置する場合は一般送配電事業者への確約書の提出が必要です。出力制御適用地域は、一般送配電事業者からの出力制御をする際に別途インターネット環境が必要になります。インターネットへの接続には、別途プロバイダ(インターネット接続業者)との契約が必要です。利用には、プロバイダ利用料が別途必要となります。サービス内容や費用については、各プロバイダにお問い合わせください。

※2 出力制御対応でないパワーコンディショナと接続した場合、インテリジェントステーション™の出力制御には使えません。

※3 エコウィル、エネファームなどの外部発電を計測するには、別売の主幹/外部発電機用電流センサ、外部発電機用電流センサケーブルが必要です。分岐計測には、別売の分岐計測用電流センサ、分岐計測用電流センサケーブルが必要です。

※4 カラー表示ユニットを増設する場合は、計測ユニット1台に対しカラー表示ユニットは合計3台まで接続可能です。計測ユニットとカラー表示ユニットの通信距離は電波の混信状態、妨害波状態や建物の構造など(RC、鉄筋、鉄骨など)使用する外部環境によって異なります。通信距離の目安は障害物のない場所で見通し50mです。

※5 MU3P:出力制御適用(適用地域:九州電力、四国電力、沖縄電力(2018年12月時点))

※6 一般送配電事業者による出力制御開始前までに、必要な通信環境の準備、インテリジェントステーション™ Type H・インテリジェントステーション™・カラー表示器のソフトウェアアップデート、出力制御に必要となるインテリジェントステーション™ Type H・インテリジェントステーション™・カラー表示器の設定作業の対応が必要な場合がありますので、販売店とご相談し対応をお願いいたします。(機器の設置作業やソフトウェアアップデート対応には、追加費用〈出張費用、追加作業費用等〉が発生する場合があります)

※7 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力、淡路島南部地域を含む出力制御適用地域に設置する場合は一般送配電事業者への確約書の提出が必要です。出力制御適用地域は、一般送配電事業者からの出力制御をする際に別途インターネット環境が必要になります。インターネットへの接続には、別途プロバイダ(インターネット接続業者)との契約が必要です。利用には、プロバイダ利用料が別途必要となります。サービス内容や費用については、各プロバイダにお問い合わせください。

● ご使用の際には専用のACアダプタ(付属品)が必要です。

● 本機は計量法上の特定計量器ではなく、小売電気事業者の売電電力量算定には別の計器が使われることと、本機での計算・表示上の四捨五入処理から、小売電気事業者の算定する売電電力量とは異なり得ます。目安値ですので、小売電気事業者の請求や振込みの電力量、金額と一致するものではありません。

● 希望小売価格は消費税抜価格となっています。

● 工事費等は含まれておりません。

● 画像はイメージです。実際の仕様とは異なる場合があります。

03-5352-7657

03-5352-7623

東芝住宅用太陽光発電システム ご相談センター<受付時間>9:00〜17:00(祝日、年末年始を除く)
個人・法人のお客様窓口 03-5352-7657
販売店様・施工店様他の窓口 03-5352-7623