japan

マルチメディア処理

インタフェースロボット"ApriPoco™"

ヒューマンインタフェース技術紹介パンフレット2010

概要

音声で応答する親しみやすい外観のロボットを用いたインタフェースが注目されています。しかし、雑音の問題や、あらかじめ決められた単語でないと音声認識 がうまくいかないという問題があります。そこで、ユーザの家電操作を指示する音声から言葉を学習するロボットインタフェースを開発しました。音声で対話 し、学習した言葉で家電やAV機器操作が可能です。幼児が言葉を覚えるように成長していくロボットを目指し、さらに研究を続けています。

インターフェイスロボット”ApriPoco&trade"の概要の図
インターフェイスロボット”ApriPoco™"の概要

このページのトップへ


  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ