japan

東芝トップページ > 企業情報 > 研究開発・技術 > 研究開発センター > 研究開発ライブラリ > 世界初、大型グラスレス3Dテレビ向け複数人対応フェイストラッキング技術

AI Technology

世界初、大型グラスレス3Dテレビ向け複数人対応フェイストラッキング技術

2012年3月

概要

当社は、複数人に対応した大型グラスレス3Dテレビ向けフェイストラッキング技術を世界で初めて開発しました。本技術により、従来は視域が限定されていた裸眼3D映像を、家族一緒にメガネなしで楽しめるようになります。

このページのトップへ

従来技術

一般に、グラスレス3Dテレビは、視域と呼ばれる特定の領域からしか3Dを快適に視聴できないという問題があります。テレビに搭載したカメラで視聴者位置を検出し、3D映像をずらして表示することで、視域を視聴者に向ける方法が知られています。しかし、これまでのフェイストラッキング技術は、視聴者が1人だけの場合にのみ適用され、複数人で視聴する大型テレビには不向きでした。

このページのトップへ

本技術の特長

そこで、テレビに搭載したカメラで視聴者の顔の位置を正確に認識し、視聴者の眼に正しい映像が届くよう視域を移動させ、複数人で3D映像を楽しめるフェイストラッキング方式技術を開発し、グラスレス3Dテレビに搭載しました。まず、カメラ画像から視聴者の顔を検出し、検出した顔の位置から、複数の視聴者の実空間での位置を計算します。次に、できるだけ多くの人が快適に3D視聴できるように、最適な視域位置を決定します。このようにして、視聴位置を気にせず、家族など、複数人で一緒に3D映像を楽しめるようになります。

トラッキングの原理

このページのトップへ

今後の展望

今後も、より快適で感動あふれる3D体験の提供に向けて、3D映像技術の研究開発を進めていきます。


  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ