japan

情報通信プラットフォーム

量子暗号通信

2014年 研究開発センター パンフレット

概要

観測すると量子状態が変化するという量子力学の原理にもとづき、盗聴を確実に検出できる量子暗号鍵配信システムを開発。
実使用環境で実証実験を行い、世界最速・最長距離での連続稼働を確認しました。

単一光子通信(情報=偏光方向)
単一光子通信(情報=偏光方向)

関連情報

2015.03 [東芝レビュー]
量子暗号通信で世界一の暗号鍵配信量を達成
2015.03 [論文]
A. R. Dixon, et al, “High speed prototype quantum key distribution system and long term field trial”, Optics Express Vol. 23, Issue 6, pp. 7583-7592
2014.12 [論文]
A. R. Dixon & H. Sato, ”High speed and adaptable error correction for megabit/s rate quantum key distribution”, Scientific Reports 4, Article number: 7275
2014.09 [ニュースリリース]
量子暗号鍵配信で世界最大の1日あたりの暗号鍵配信量を達成
2014.01 [東芝レビュー]
量子鍵配送技術に基づくセキュアネットワーク (383KB/PDFデータ)
2013.09 [ニュースリリース]
複数送信者と単一受信器で量子暗号鍵配信するシステムを世界で初めて実証
2013.01 [ニュースリリース]
量子暗号鍵とデータの波長多重化による単線化

  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ