japan

ヒューマン・インターフェース

映像認識技術

2014年 研究開発センター パンフレット

概要

独自の画像特徴量とパターン認識手法により映像中の人物や車両などを高精度に検出する画像認識技術とハードウェアを開発。交通、流通のほか、防犯、防災、医療、家庭などさまざまな場面で画像認識技術を役立てていきます。

さまざまな分野で利用される画像認識技術
さまざまな分野で利用される画像認識技術

関連情報

2014.08 [東芝レビュー]
安全運転を支援する画像認識プロセッサViscontiファミリー(463KB/PDFデータ)
2014.04 [東芝レビュー]
小坂谷達夫, 他, " インテリジェントな監視カメラネットワークを実現する画像解析ボックス," 東芝レビュー, Vol. 69, No. 4, 2014.
2014   [論文]
V. Q. Pham, et al. ,“DIET: Dynamic Integration of Extended Tracklets for Tracking Multiple Persons,” Proc. ICPR, pp. 1206-1211, 2014.
2014   [論文]
Y. Tonouchi, et al., “A Hybrid Approach to Detect Texts in Natural Scenes by Integration of a Connected-Component Method and a Sliding-Window Method,” Proc. IWRR2014,
2012   [論文]
小坂谷達夫, 他, " 画像認識LSI”Visconti 2” を搭載したスマートカメラ," 画像の認識・理解シンポジウム, 2012.
2011   [論文]
M. Nishiyama, et al., “Facial Deblur Inference Using Subspace Analysis for Recognition of Blurred Faces,” PAMI 33(4), 2011.
2011   [論文]
T. Kozakaya, et al., ”Random Ensemble Metrics for Object Recognition,” Proc. ICCV2011, pp. 1959-1966, 2011
      [論文]
岡田隆三, 他, " 次世代車載画像認識LSI による安全運転支援," Proc. ViEW, 2011
2010   [論文]
T. Kozakaya, et al., “Facial Feature Localization Using Weighted Vector Concentration Approach,”Img. Vis. Comput. 28(5)
2010   [論文]
S. Ito, et al., ”Object Classification Using Heterogeneous Co-occurrence Features,” Proc. ECCV2010, pp. 209-222, 2010.
2009   [論文]
T. Watanabe, et al., "Co-occurrence Histograms of Oriented Gradients for Pedestrian Detection," Proc. PSIVT, pp. 37-47

  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ