japan

東芝トップページ > 企業情報 > 研究開発・技術 > 研究開発センター > 研究開発ライブラリ > 小型イメージセンサで大型センサ並みの画質を実現する「無限高画質™」技術を開発

ヒューマン・インターフェース

小型イメージセンサで大型センサ並みの画質を実現する「無限高画質™」技術を開発

2015年3月

概要

当社は、スマートフォンや車載カメラに搭載されるような小型イメージセンサで、大型イメージセンサ並みの画像を実現できる「無限高画質™」技術を開発しました。本技術は、連続する複数枚の撮影画像を当社独自の高精度動き検出技術により順次処理することで、大型イメージセンサ並みの高感度でノイズの少ない画質を実現します。

開発の背景

半導体プロセスの微細化に伴い、イメージセンサの画素数は年々増加しており、これまで以上に高精細な画像を撮影できるようになってきました。一方で、イメージセンサのサイズが同じ場合、画素数の増加により画素あたりの受光量が減少し感度が低下することで、ノイズが発生しやすくなります。また、ノイズを抑えるため露光時間を長くすると、手ブレにより画質が低下してしまいます。従来は、この画質低下を防ぐために、数枚の撮影画像を合成する電子式手ブレ補正技術が使われてきましたが、撮影画像の保持用に複数のメモリが必要となるため、多数枚の合成をすることができず大きなノイズ低減効果が見込めませんでした。

本技術の特徴

そこで当社は、膨大なメモリを必要とせずに、ノイズを大きく低減させながら手ブレを防ぎ鮮明な画像を取得できる「無限高画質™」技術を開発しました。本技術では、連続的に撮影される多数の画像を、当社独自の高精度動き検出技術で手ブレを補正しながら画像1枚分のメモリで順次合成することで、ノイズが少なく鮮明な画像の生成を実現しました。当社独自の高精度動き検出技術により、大きな手ブレの振動から小さな振動まで効率的かつ高精度に検出します。複数の画像を合成することで、ランダムに発生しているノイズが除去できるとともに、被写体の輪郭などは重ね合わることでより鮮明な画像にすることが可能です。本技術では、蓄積用の膨大なメモリを必要とせずに、撮影画像枚数を増やすことで高感度な大型イメージセンサ並みの画質を得ることが可能となります。本技術により、暗くてノイズの大きな夜景シーン等において、ノイズを抑えた鮮明な画像を生成することが可能になります。

無限高画質

今後の展望

当社は、今回開発した「無限高画質™」技術を、スマートフォン、タブレット、車載、監視、内視鏡などの各種カメラ撮像での実用化に向けて研究開発を進めていきます。


  • 「研究開発センター」のトップへ
  • このページのトップへ